ウィンブルドン

錦織「全米OP以降さらに良い位置にいたい」。サーブを収穫に、次は北米ハードコートシーズン

「ウィンブルドン」での錦織圭

錦織圭(日本/日清食品)の今年の「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン/7月1日~男子14日・女子13日/芝コート)は、昨年に続くベスト8で幕を閉じた。錦織は今後の目標として、世界ランキングで「全米オープン以降さらに良い位置にいれるようにしたい」と語っている。

錦織は準々決勝でロジャー・フェデラー(スイス)と対戦し、6-4、1-6、4-6、4-6で敗れ、初のベスト4進出はならなかった。


記者会見では今大会について「芝でのプレーは昨年に続き良いプレーが出来たので、ここでやるのは毎年楽しみになるかなと思います」と芝コートでの戦いに手応えを掴んだことを話した。


「全体的にプレーの質は上がっていたと思います。去年よりどの試合も良かったですし、悪い試合はなかったので。安定して芝でもプレーできるんだなと、改めて自信になりました。今日はあんまりでしたけど、サーブも良くなってきているので。ハードコートでもファーストサーブの確率が上がって、フリーポイントが増えれば、よりチャンスが出てくると思います」


錦織の次なる戦いは、最も結果を出している「全米オープン」を含む、北米ハードコートシーズン。まずは7月29日に開幕する「ATP500 ワシントンD.C.」を予定している。


今後の目標については「ランキング的には、意外と自分が思っているよりも良い位置にいるので、それは維持したいですね。全米オープン以降さらに良い位置にいれるようにしたいです」と語っている。


「インディアンウェルズとマイアミはあんまり良くなかったので、若干ハードコートに対して不安はありますけど。全仏オープンとウィンブルドンでプレーは良くなってきているので頑張りたいですね」


錦織は現在世界ランキング7位だが、前哨戦の結果次第では、「全米オープン」で第4シードになる可能性もある。悲願の優勝のためにも、準々決勝で上位4シードと当たるのはできるだけ避けたい。錦織の今後の活躍に期待がかかる。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「ウィンブルドン」での錦織圭
(Photo by Simon Stacpoole/Offside/Getty Images)

「ウィンブルドンテニス」
グランドスラム(四大大会)の第3戦、ウィンブルドンテニスをWOWOWで連日生中継!
歴史と伝統を誇るウィンブルドンテニス。グランドスラム通算20勝のフェデラー、昨年の覇者ジョコビッチがさらなる記録へ挑む。

【放送予定】 2019年7月1日(月)~7月14日(日)連日生中継 ※7/7(日)除く
■詳細・放送スケジュールはこちら>

友だち追加

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu