マイページ

ウィンブルドン

フェデラーVSナダルが実現。伝説の2008年決勝以来となる聖地での対戦へ[ウィンブルドン]

2008年「ウィンブルドン」決勝後のフェデラー(左)とナダル(右)

「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン/7月1日~男子14日・女子13日/芝コート)の大会9日目が終了し、男子シングルスはベスト4が出揃った。そして準決勝でロジャー・フェデラー(スイス)とラファエル・ナダル(スペイン)の対戦が実現することになった。

準々決勝で、フェデラーは錦織圭(日本/日清食品)を4-6、6-1、6-4、6-4で、ナダルはサム・クエリー(アメリカ)を7‐5、6‐2、6‐2で下して準決勝へ駒を進めた。またナダルはこの勝利で、ツアー最終戦「Nitto ATPファイナルズ」への出場権を一番乗りで獲得している。


フェデラーとナダルが「ウィンブルドン」で対決するのは、11年ぶり。2008年大会の決勝以来となる。


この試合は伝説の名勝負と言われており、ドキュメンタリー映画も制作されているほどだ。


さらにこの名勝負の前の2年間、つまり2006年、2007年も「ウィンブルドン」の決勝はこの二人の対決だった。2006年はナダルから見て0-6、6(5)-7、7-6(2)、3-6、2007年も6(7)-7、6-4、6(3)-7、6-2、2-6でナダルは敗れるも、熱戦を繰り広げた。そして2008年の決勝で、ついにナダルが6-4、6-4、6(5)-7、6(8)-7、9-7でフェデラーを破り、初優勝を飾った。


あの名勝負から11年。二人は通算39度対戦し、フェデラーが15勝、ナダルが24勝となっている。さらに実績を積み上げてきた二人が、今回テニスの聖地でどんな名勝負を繰り広げるのか注目だ。


(テニスデイリー編集部)


※写真は2008年「ウィンブルドン」決勝後のフェデラー(左)とナダル(右)
(Photo by Julian Finney/Getty Images)

「ウィンブルドンテニス」
グランドスラム(四大大会)の第3戦、ウィンブルドンテニスをWOWOWで連日生中継!
歴史と伝統を誇るウィンブルドンテニス。グランドスラム通算20勝のフェデラー、昨年の覇者ジョコビッチがさらなる記録へ挑む。錦織圭の試合も連日生中継!

【放送予定】2019年7月1日(月)~7月14日(日)連日生中継 ※7/7(日)除く
■詳細・放送スケジュールはこちら>

ウィンブルドンの関連記事

PAGE TOP
menu