ウィンブルドン

ダブルスで珍事「こんなポイントの取り方ってあるの!?」。サーブが相手の前衛を強襲し、サーバーのポイントに

「ウィンブルドン」でのオスタペンコ

現在開催されている「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン/7月1日~男子14日・女子13日/芝コート)の女子ダブルスで珍しいポイントが生まれた。

珍ポイントが生まれたのは、女子ダブルス1回戦のベロニカ・クデルメトバ(ロシア)/エレナ・オスタペンコ(ラトビア)対アリゼ・コルネ(フランス)/ペトラ・マルティッチ(クロアチア)でのこと。


オスタペンコのサービスゲームでそれは起きた。彼女が打ったセカンドサーブは、サービスコートへ入るどころか、相手ペアの前衛であるコルネを強襲。


しかし、これはダブルフォルトではなく、コルネがノーバウンドでサーブに触ったため、ルール上オスタペンコ側のポイントに。サーブをぶつけられた上にポイントも失ったコルネはもちろん納得がいかず、「こんなポイントの取り方ってあるの!?」と審判に抗議をしていた。


さらにオスタペンコは今大会の混合ダブルスでも、今度は、自分のペアであるロバート・リンステッド(スウェーデン)の頭にサーブを強襲している。


ちなみにオスタペンコは、前哨戦の「バーミンガム・クラシック」女子シングルス準々決勝では、3セットで20本ものダブルフォルトを記録していた。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「ウィンブルドン」でのオスタペンコ
(Photo by Alex Pantling/Getty Images)

「ウィンブルドンテニス」
グランドスラム(四大大会)の第3戦、ウィンブルドンテニスをWOWOWで連日生中継!
歴史と伝統を誇るウィンブルドンテニス。グランドスラム通算20勝のフェデラー、昨年の覇者ジョコビッチがさらなる記録へ挑む。錦織圭の試合も連日生中継!

【放送予定】2019年7月1日(月)~7月14日(日)連日生中継 ※7/7(日)除く
■詳細・放送スケジュールはこちら>

友だち追加

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu