マイページ

ウィンブルドン

錦織 フェデラー戦の鍵はサービスキープを続けてプレッシャーを与えること。準々決勝の展望[ウィンブルドン]

「ウィンブルドン」での錦織圭

「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン/7月1日~男子14日・女子13日/芝コート)の大会9日目、男子シングルス準々決勝で、第8シード錦織圭(日本/日清食品)は第2シードのロジャー・フェデラー(スイス)に挑戦する。そのフェデラー戦について、WOWOWの解説であり元デビスカップ代表選手である石井弥起さんが展望を語った。

錦織は、3回戦まではいずれもストレート勝利と最高の勝ち上がりを見せた。しかし4回戦では相手の調子も良かったため、今大会で初めてタフな戦いとなり1セットを落とした。


それについて石井さんは「3セットで終わって、次の準々決勝へエネルギーを充分に保ったまま向かうというのが理想ではあったものの、4回戦ですから相手のレベルも上がるなかで、3回戦までにはなかった緊張感を味わったと思います。大事なポイントでの緊張感を味わって、そういう試合をしっかり勝ち切ったというのは、次のフェデラー戦に向けて、また一つ準備が出来た」とポジティブに語る。


そしてフェデラーにどう臨むべきかについては、「作戦というよりは、引き続き自分のサービスゲームをキープし続けること、それによってプレッシャーを与えることが大事です。リターン力で言えば錦織選手の方があると思うので、ワンチャンスをどのように掴み取るか。プレッシャーがかかるところまでいけば、必ずフェデラーに隙が出てくると思います。まずはスコア的に離されないことが重要になります」と話す。


錦織とフェデラーの過去の対戦成績は、錦織の3勝7敗。久しぶりにBIG4を相手に全力で挑戦できるこのチャンスで、錦織がどんな熱戦を繰り広げるか注目される。


錦織とフェデラーの準々決勝は日本時間10日の23時頃に開始予定だ。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「ウィンブルドン」での錦織圭
(Photo by TPN/Getty Images)

「ウィンブルドンテニス」
グランドスラム(四大大会)の第3戦、ウィンブルドンテニスをWOWOWで連日生中継!
歴史と伝統を誇るウィンブルドンテニス。グランドスラム通算20勝のフェデラー、昨年の覇者ジョコビッチがさらなる記録へ挑む。錦織圭の試合も連日生中継!

【放送予定】2019年7月1日(月)~7月14日(日)連日生中継 ※7/7(日)除く
■詳細・放送スケジュールはこちら>

ウィンブルドンの関連記事

PAGE TOP
menu