ウィンブルドン

マレー/セレナが混合ダブルス2回戦へ。女子シングルスではハレプ、セレナが準々決勝に臨む[ウィンブルドン]

「ウィンブルドン」でのマレー(右)とセレナ(左)

7月9日、「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン/7月1日~男子14日・女子13日/芝コート)大会8日目。男子ダブルス3回戦・準々決勝、女子シングルス準々決勝、女子ダブルス3回戦・準々決勝、混合ダブルス2・3回戦が行われる。

混合ダブルス2回戦、アンディ・マレー(イギリス)/セレナ・ウイリアムズ(アメリカ)が第14シードのファブリス・マルタン(フランス)/ラケル・アトワー(アメリカ)と対戦する。


マレーはシングルスでグランドスラム3回優勝。セレナはグランドスラムで23回のシングルス優勝を誇るだけでなく、女子ダブルスでも14回、混合ダブルスでも2回優勝経験を持っており、素晴らしい実績を持つもの同士の豪華ペアだ。


1回戦では、それぞれの持つポテンシャルの高いプレーと、息の合ったプレーでストレート勝利したマレー/セレナ。2回戦ではシードペアを相手にどのような試合展開を見せるか注目だ。試合は日本時間10日午前1時頃に開始予定。


女子シングルス準々決勝では、第7シードのシモナ・ハレプ(ルーマニア)が世界50位ジャン・シューアイ(中国)と対戦する。両者の過去対戦成績はハレプの1勝2敗、芝コートでは今回が初対戦となる。


ハレプは今大会4回戦で、快進撃を見せていた15歳のコリ・ガウフ(アメリカ)にストレート勝利。一方、シューアイはこれまで「ウィンブルドン」本戦で勝利を挙げたことがなかったが、今大会初勝利を挙げベスト8まで勝ち進んでいる。


第11シードのセレナは世界55位アリソン・リスク(アメリカ)との準々決勝に臨む。同大会シングルスで7度の優勝を誇るセレナと、今大会4回戦で第1シードのアシュリー・バーティ(オーストラリア)を撃破したリスク。どちらが準決勝へ駒を進めることができるか注目だ。


◇   ◇   ◇


【7月9日の注目ドロー


◆混合ダブルス


2回戦


アンディ・マレー(イギリス)/セレナ・ウイリアムズ(アメリカ)対 [14]ファブリス・マルタン(フランス)/ラケル・アトワー(アメリカ)


◆女子シングルス


準々決勝


[7]シモナ・ハレプ(ルーマニア)対 ジャン・シューアイ(中国)


[8]エリナ・スビトリーナ(ウクライナ)対 カロリーナ・ムチョバ(チェコ)


アリソン・リスク(アメリカ)対 [11]セレナ・ウイリアムズ(アメリカ)


バーボラ・ストリコバ(チェコ)対 [19]ジョハナ・コンタ(イギリス)


◆女子ダブルス


準々決勝


[1]ティメア・バボス(ハンガリー)/クリスティーナ・ムラデノビッチ(フランス)対 [7]ニコール・メリチャー(アメリカ)/クベタ・ペシュク(チェコ)


◆男子ダブルス


準々決勝


[1]ルーカシュ・クボト(ポーランド)/マルセロ・メロ(ブラジル)対 [11]ニコラ・マウ(フランス)/エドゥアール・ロジェ バセラン(フランス)


(テニスデイリー編集部)


※写真は「ウィンブルドン」でのマレー(右)とセレナ(左)
(Photo by TPN/Getty Images)

「ウィンブルドンテニス」
グランドスラム(四大大会)の第3戦、ウィンブルドンテニスをWOWOWで連日生中継!
歴史と伝統を誇るウィンブルドンテニス。グランドスラム通算20勝のフェデラー、昨年の覇者ジョコビッチがさらなる記録へ挑む。錦織圭の試合も連日生中継!

【放送予定】2019年7月1日(月)~7月14日(日)連日生中継 ※7/7(日)除く
■詳細・放送スケジュールはこちら>

ウィンブルドンの関連記事

PAGE TOP
menu