ウィンブルドン

バーティの連勝は15でストップ。グランドスラム2大会優勝ならず[ウィンブルドン]

「ウィンブルドン」でのバーティ

「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン/7月1日~男子14日・女子13日/芝コート)の大会7日目、女子シングルス4回戦で、第1シードアシュリー・バーティ(オーストラリア)が世界55位のアリソン・リスク(アメリカ)と対戦。バーティは6‐3、2‐6、3‐6で敗れ、「全仏オープン」に続くグランドスラム2大会連続優勝はならなかった。

バーティは「全仏オープン」、そして「バーミンガム・クラシック」と2大会連続優勝し、この試合まで15連勝と絶好調だった。しかし、下部大会と「リベマ・オープン」の2つの芝コート大会で優勝して「ウィンブルドン」へ臨んでいたリスクに勢いを止められた。


第1セットはお互いブレークし合うも、ここまで全てストレートで勝ち上がってきたバーティが先取。しかし第2セットではチャンスを作ることができず、逆に2ブレークを喫し追いつかれる。迎えた最終セットでは、バーティはセカンドサーブポイント獲得率がわずか20%と苦しい立場になり、ワンチャンスを決められて敗れた。


試合後の会見でバーティは「スタートは良かったと思う。やりたいプレーができていた。ただ第2セットでサーブが乱れて、リスクにチャンスを与え過ぎたと思う。私のプレーは悪くなかった。だけど重要な局面でリスクの方が良かった。受け入れ難いけど、自分より良い選手に負けたと思うわ」とリスクを称えた。


一方のリスクは「すごいエキサイティングな気持ちよ。勝利の要因は最初から最後まで戦い続けたことだわ。全てが完璧ではないけど、いつでも自分を鼓舞し続けた点を誇りに思っているわ。タフでいることが鍵だと思うわ」と語っている。


そのリスクは、準々決勝で第11シードで同大会7度の優勝を誇るセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)と対戦する。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「ウィンブルドン」でのバーティ
(Photo by Matthias Hangst/Getty Images)

「ウィンブルドンテニス」
グランドスラム(四大大会)の第3戦、ウィンブルドンテニスをWOWOWで連日生中継!
歴史と伝統を誇るウィンブルドンテニス。グランドスラム通算20勝のフェデラー、昨年の覇者ジョコビッチがさらなる記録へ挑む。錦織圭の試合も連日生中継!

【放送予定】2019年7月1日(月)~7月14日(日)連日生中継 ※7/7(日)除く
■詳細・放送スケジュールはこちら>

友だち追加

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu