マイページ

ウィンブルドン

フェデラーが史上初のグランドスラム350勝目。17度目のベスト16進出[ウィンブルドン]

「ウィンブルドン」でのフェデラー

「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン/7月1日~男子14日・女子13日/芝コート)の大会6日目、男子シングルス3回戦で、第2シードロジャー・フェデラー(スイス)が第27シードのルカ・プイユ(フランス)と対戦。7-5、6-2、7-6(4)でフェデラーが勝利し、17度目の4回戦進出を果たした。試合時間は2時間6分。

両者は過去に1度対戦しており、フェデラーの1勝0敗。2年ぶり9度目のタイトル獲得を目指すフェデラーが、2016年ベスト8のプイユを下し、セカンドウィークに駒を進めた。


第1セットではプイユに2度のブレークポイントを握られながらも落ち着いてしのいだフェデラー。第12ゲームでついに迎えたブレークチャンスを見事に活かしたフェデラーが7-5で第1セットを先取した。


第2セットではフェデラーがその勢いを活かして第2、第4ゲームでブレーク。第5ゲームでブレークバックを喫するも、第8ゲームで再びブレークし、6-2で第2セットを連取した。


第3セットでは両者がサービスゲームをキープする展開が続いた。第12ゲームでマッチポイントを握ったが、粘るプイユにしのがれ、タイブレークに突入。しかし、タイブレークでもプイユに隙を見せないフェデラーが7-6(4)で第3セットも奪ってストレートで勝利を決めた。


フェデラーはこれでグランドスラムで史上初の350勝を達成。また1つの記録を打ち立て、次戦に臨む。


次戦は第17シードマッテオ・ベレッティーニ(イタリア)と対戦する。ベレッティーニは第24シードのディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)をフルセットの末に撃破しての勝ち上がり。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「ウィンブルドン」でのフェデラー
(Photo by Matthias Hangst/Getty Images)

「ウィンブルドンテニス」
グランドスラム(四大大会)の第3戦、ウィンブルドンテニスをWOWOWで連日生中継!
歴史と伝統を誇るウィンブルドンテニス。グランドスラム通算20勝のフェデラー、昨年の覇者ジョコビッチがさらなる記録へ挑む。錦織圭の試合も連日生中継!

【放送予定】2019年7月1日(月)~7月14日(日)連日生中継 ※7/7(日)除く
■詳細・放送スケジュールはこちら>

ウィンブルドンの関連記事

PAGE TOP
menu