マイページ

ウィンブルドン

【速報】錦織が第1セットを先取。世界71位との3回戦[ウィンブルドン]

「ウィンブルドン」での錦織圭

「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン/7月1日~男子14日・女子13日/芝コート)の大会6日目、男子シングルス3回戦で、第8シード錦織圭(日本/日清食品)が世界71位のスティーブ・ジョンソン(アメリカ)と対戦。第1セットは6-4で錦織が先取した。

両者は過去に4度対戦しており、錦織が全て勝利しているが、対するジョンソンは芝コート大会のタイトルを2個持っており、あなどれない。錦織も「芝だとさらに強さはあるのかなと思います」と警戒している。セカンドウィークへの生き残りをかけた対戦に注目が集まる。


第1セットはジョンソンのサービスゲームから始まった。錦織は第1ゲームでいきなりブレークチャンスをつかんだが、ここはジョンソンにしのがれてしまう。それどころか第2ゲームでブレークを喫し、追う立場となった。


錦織は第3ゲームでデュースに持ち込むが、ブレークすることができない。しかし第5ゲームで再びデュースに持ち込むと、今度はブレークに成功。続く第6ゲームをラブゲームキープし、ゲームカウント3-3のイーブンに戻した。


さらに第7ゲームでもブレークに成功して1ブレークアップと先行した錦織。第8ゲームも危なげなくキープしてゲームカウント5-3とした。第9ゲームでも錦織は40-15から追い上げ、セットポイントを握る。ここはしのがれたが、第10ゲームのサービング・フォー・ザ・セットをしっかりキープし、6-4で第1セットを先取した。


試合は3セットを先取した方が勝利の5セットマッチ。現在第2セットに進んでいる。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「ウィンブルドン」での錦織圭
(Photo by Visionhaus/Getty Images)

「ウィンブルドンテニス」
グランドスラム(四大大会)の第3戦、ウィンブルドンテニスをWOWOWで連日生中継!
歴史と伝統を誇るウィンブルドンテニス。グランドスラム通算20勝のフェデラー、昨年の覇者ジョコビッチがさらなる記録へ挑む。錦織圭の試合も連日生中継!

【放送予定】2019年7月1日(月)~7月14日(日)連日生中継 ※7/7(日)除く
■詳細・放送スケジュールはこちら>

ウィンブルドンの関連記事

PAGE TOP
menu