ウィンブルドン

錦織 次戦ジョンソンは「ちょっといやな相手」。過去4勝0敗も相手を警戒[ウィンブルドン]

「ウィンブルドン」での錦織圭

「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン/7月1日~男子14日・女子13日/芝コート)男子シングルス2回戦でストレート勝利した錦織圭(日本/日清食品)。試合後の記者会見で、次戦の相手スティーブ・ジョンソン(アメリカ)について話した。

錦織と3回戦の相手・世界71位ジョンソンは過去4回対戦しており、錦織が全て勝利している。最後に対戦したのは2016年「ATP1000 インディアンウェルズ」だ。一方、ジョンソンは芝コート大会のタイトルを2個持っており、あなどれない。


2回戦後の記者会見で錦織も「しばらく対戦してないんで。芝だとさらに強さはあるのかなと思います」と警戒している。


「バックスライスが主体の選手なので、どうしても芝だと低いボールを打たされるのが楽ではないですし、フォアも一発があったりするので、ちょっといやな相手かなとは思います」


今大会前に「攻める気持ちは常に持っていたいなと思うので、その気持ちを大事にプレーしたいです」と話していた錦織。1・2回戦でネットに多く出る姿勢を貫き、2試合とも32回中24回 75%のネットプレーポイント獲得率を記録した。


2回戦後の記者会見にも、芝では特に駆け引きが多いと話し、次戦に向けては「一方的な、バックに集めすぎたり、単純な作戦ではなかなか勝てないと思うので、いろんなショットを混ぜてプレーしたいと思います」と意気込みを話した。


次戦では過去全勝の相手との3年ぶりの対戦を制し、さらなる高みに上ってくれることを期待したい。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「ウィンブルドン」での錦織圭
(Photo by Rob Newell - CameraSport via Getty Images)

「ウィンブルドンテニス」
グランドスラム(四大大会)の第3戦、ウィンブルドンテニスをWOWOWで連日生中継!
歴史と伝統を誇るウィンブルドンテニス。グランドスラム通算20勝のフェデラー、昨年の覇者ジョコビッチがさらなる記録へ挑む。錦織圭の試合も連日生中継!

【放送予定】2019年7月1日(月)~7月14日(日)連日生中継 ※7/7(日)除く
■詳細・放送スケジュールはこちら>

友だち追加

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu