マイページ

ウィンブルドン

錦織 リターンゲームで50%以上のポイントを獲得。ネットプレーも75%が成功と好調を維持[ウィンブルドン]

「ウィンブルドン」での錦織圭

「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン/7月1日~男子14日・女子13日/芝コート)の大会4日目、男子シングルス2回戦。第8シード錦織圭(日本/日清食品)が世界55位の地元勢キャメロン・ノリー(イギリス)を6-4、6-4、6-0のストレート、1時間48分で破って4年連続の3回戦進出を果たした。

センターコートで行われた地元選手とのこの試合、錦織は好調を維持して、積極的で安定した攻めを見せた。


ネットに多く出る姿勢を貫き、32回中24回、75%のネットプレーポイント獲得率を記録。これは1回戦と同じ数字だった。またストローク戦でも圧倒し、リターンゲームポイント獲得率は53%と、相手のサービスゲームで半分以上のポイントを奪った。


また自身のサービスゲームでは、13回中6回がラブゲームキープ。好調な出来だったが、ミスが集中したゲームで2回あっさりブレークを許しており、ミスが連続した時にどう粘るかが次戦では注目される。


その錦織の3回戦の相手は、世界71位のスティーブ・ジョンソン(アメリカ)。過去4戦4勝と負けなしだ。しかしジョンソンは芝コートのタイトルを2個持っており、あなどれない。


錦織も2回戦後のインタビューで「彼は芝では強いかなと思います。良いサーブを持っていますし、スライスも良いですし。芝で上手いプレーをしてくるのかなと思います。しばらく彼とはやっていませんが、しっかり準備して戦いたいと思います」とジョンソンについて語っている。


錦織の3回戦は6日に行われる予定だ。


【錦織 対 ノリー 主なスタッツ】
◆錦織
サービスエース         1本
ダブルフォルト         2本
ファーストサーブ成功率     70%
ファーストサーブポイント獲得率 79%
セカンドサーブポイント獲得率  67%
ブレークポイント勝率      7/12
ウィナー            34本
アンフォーストエラー      17本


◆ノリー
サービスエース         1本
ダブルフォルト         7本
ファーストサーブ成功率     64%
ファーストサーブポイント獲得率 57%
セカンドサーブポイント獲得率  30%
ブレークポイント勝率      2/2
ウィナー            15本
アンフォーストエラー      26本


(テニスデイリー編集部)


※写真は「ウィンブルドン」での錦織圭
(Photo by Rob Newell - CameraSport via Getty Images)

「ウィンブルドンテニス」
グランドスラム(四大大会)の第3戦、ウィンブルドンテニスをWOWOWで連日生中継!
歴史と伝統を誇るウィンブルドンテニス。グランドスラム通算20勝のフェデラー、昨年の覇者ジョコビッチがさらなる記録へ挑む。錦織圭の試合も連日生中継!

【放送予定】2019年7月1日(月)~7月14日(日)連日生中継 ※7/7(日)除く
■詳細・放送スケジュールはこちら>

ウィンブルドンの関連記事

PAGE TOP
menu