マイページ

ウィンブルドン

第5シードのティームも初戦敗退。1回戦を終え、上位8シードのうち3人が大会を去る波乱[ウィンブルドン]

「ウィンブルドン」でのティーム

「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン/7月1日~男子14日・女子13日/芝コート)の大会2日目、男子シングルス1回戦。第5シードドミニク・ティーム(オーストリア)が世界65位のサム・クエリー(アメリカ)と対戦。ティームは7-6(4)、6(1)-7、3-6、0-6で敗れ、まさかの2年連続初戦敗退となった。

今年3月のハードコート大会「ATP1000 インディアンウェルズ」では初のマスターズ1000優勝、「全仏オープン」では2年連続で準優勝と好調だったティームだが、この芝コートのグランドスラムでは結果を出すことができなかった。


ビッグサーバーであるクエリーは、ファーストサーブポイント獲得率で驚異の90%を記録。ティームはなかなかチャンスをものにできず、それどころか、第4セットでは1ゲームもキープできなかった。


クエリーはこの「ウィンブルドン」で2017年にベスト4へ進出。2016年3回戦では当時世界1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)を、2017年準々決勝でも当時1位のアンディ・マレー(イギリス)を破った経験を持ち、ティームにとって1回戦で対戦するにはタフな相手だった。


また、大会2日目を終えて、男子シングルス1回戦が全て終了。第5シードのティームのほか、初日に第6シードのアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)、第7シードのステファノス・チチパス(ギリシャ)が敗れており、上位8シードのうち3人が、早くも大会を去る波乱となっている。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「ウィンブルドン」でのティーム
(Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

「ウィンブルドンテニス」
グランドスラム(四大大会)の第3戦、ウィンブルドンテニスをWOWOWで連日生中継!
歴史と伝統を誇るウィンブルドンテニス。グランドスラム通算20勝のフェデラー、昨年の覇者ジョコビッチがさらなる記録へ挑む。錦織圭大坂なおみの試合も連日生中継!

【放送予定】 2019年7月1日(月)~7月14日(日)連日生中継 ※7/7(日)除く
[第1日無料放送] ■詳細・放送スケジュールはこちら>

ウィンブルドンの関連記事

PAGE TOP
menu