ウィンブルドン

大坂なおみ ウィンブルドン初戦敗退。西岡は激闘の末敗れる

「ウィンブルドン」での大坂なおみ

7月1日、芝のグランドスラム「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン/7月1日~男子14日・女子13日/芝コート)が開幕。大会初日は、男子シングルス1回戦、女子シングルス1回戦が行われた。

女子シングルス1回戦、第2シード大坂なおみ(日本/日清食品)が世界39位のユリア・プティンセバ(カザフスタン)と対戦。大坂は6(4)-7、2-6で敗れ、初戦敗退となった。


「ウィンブルドン」の前哨戦である「バーミンガム・クラシック」でも対戦し、敗れていた大坂。これでプティンセバに対して0勝3敗となった。


前回の対戦に続き、今回も、大坂はプティンセバのスライスと意表を突くドロップショットに苦戦。また、プティンセバのアンフォーストエラー7本に対して、大坂は38本を数えた。なお、大坂のグランドスラム初戦敗退は、2017年の「全仏オープン」以来、2回目となる。


「ウィンブルドン」女子シングルスで5度の優勝を誇る世界44位のビーナス・ウイリアムズ(アメリカ)は、予選勝者の世界313位コリー・ガウフ(アメリカ)と対戦し、4-6、4-6で敗れた。


勝利したガウフは現在15歳。予選の3試合すべてストレート勝利し、1968年のオープン化以降史上最年少となる若さで本戦に出場。そして24歳年上の39歳ビーナスを下し、グランドスラム本戦初勝利を挙げた。


男子シングルス1回戦では、世界68位の西岡良仁(日本/ミキハウス)が世界288位ヤンコ・ティプサレビッチ(セルビア)と対戦。3時間56分の激闘の末、西岡は4-6、7-6(2)、2-6、7-5、2-6で敗れた。


西岡は自身のTwitterで「調整も出来ない中勝つチャンスはありましたが思った以上に芝でプレー出来たと思います。まだ右手首に不安があり打つのが怖いので早く治したいです。アメリカシーズンで頑張れるように日本で右手首の完治に努めたいと思います」と投稿した。


そのほか、前年優勝者で今大会第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)は、世界57位フィリップ・コールシュライバー(ドイツ)に6-3、7-5、6-3とストレート勝利。前年準優勝者で今大会第4シードのケビン・アンダーソン(南アフリカ)は、世界39位ピエール ユーグ・エルベール(フランス)に6-3、6-4、6-2で勝利し2回戦進出。


一方、第6シードのアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)と第7シードのステファノス・チチパス(ギリシャ)はそれぞれ敗れ、初戦で姿を消すこととなった。


◇   ◇   ◇


【7月1日 主な試合結果】


◆女子シングルス


1回戦


ユリア・プティンセバ(カザフスタン)7-6(4)、6-2 ●[2]大坂なおみ(日本/日清食品)


〇[3]カロリーナ・プリスコバ(チェコ)6-2、7-6(4) ●ジュ・リン(中国)


〇[7]シモナ・ハレプ(ルーマニア)6-4、7-5 ●アリャクサンドラ・サスノビッチ(ベラルーシ)


〇[Q]コリー・ガウフ(アメリカ)6-4、6-4 ●ビーナス・ウイリアムズ(アメリカ)


◆男子シングルス


1回戦


ヤンコ・ティプサレビッチ(セルビア)6-4、6(2)-7、6-2、5-7、6-2 ●西岡良仁(日本/ミキハウス)


〇[1]ノバク・ジョコビッチ(セルビア)6-3、7-5、6-3 ●フィリップ・コールシュライバー(ドイツ)


〇[4]ケビン・アンダーソン(南アフリカ)6-3、6-4、6-2 ●ピエール ユーグ・エルベール(フランス)


〇[Q]イリ・ベセリ(チェコ)4-6、6-3、6-2、7-5 ●[6]アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)


トーマス・ファビアーノ(イタリア)6-4、3-6、6-4、6(8)-7、6-3 ●[7]ステファノス・チチパス(ギリシャ)


(テニスデイリー編集部)


※写真は「ウィンブルドン」での大坂なおみ
(Photo by Shi Tang/Getty Images)

「ウィンブルドンテニス」
グランドスラム(四大大会)の第3戦、ウィンブルドンテニスをWOWOWで連日生中継!
歴史と伝統を誇るウィンブルドンテニス。グランドスラム通算20勝のフェデラー、昨年の覇者ジョコビッチがさらなる記録へ挑む。錦織圭大坂なおみの試合も連日生中継!

【放送予定】 2019年7月1日(月)~7月14日(日)連日生中継 ※7/7(日)除く
[第1日無料放送] ■詳細・放送スケジュールはこちら>

友だち追加

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu