ウィンブルドン

大坂なおみ 2週間前の対戦から成長できず。ミス38本でプレッシャーを与えられず初戦敗退[ウィンブルドン]

「ウィンブルドン」での大坂なおみ

「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン/7月1日~男子14日・女子13日/芝コート)の大会初日、女子シングルス1回戦で、第2シード大坂なおみ(日本/日清食品)が世界39位のユリア・プティンセバ(カザフスタン)と対戦。大坂は6(4)-7、2-6で敗れ、初戦敗退となった。

両者は2週間前に行われた「バーミンガム・クラシック」2回戦でも対戦したが、その時も大坂が2-6、3-6で敗れていた。


前回に続き、今回の対戦でも、大坂はプティンセバのスライスと意表を突くドロップショットに苦戦。試合序盤こそ食らいついてラリーを繋いだが、徐々にミスをするタイミングが早くなり、相手にプレッシャーを与えることができなかった。


その結果、大坂は前回の対戦以上となる38本のアンフォーストエラーを記録。対するプティンセバはわずか7本。大坂は前回の対戦から成長できず、力なく敗れ去った。大坂がグランドスラムで初戦敗退となるのは、2017年の「全仏オープン」以来、2回目となる。


【大坂 対 プティンセバ 主なスタッツ】
◆大坂
サービスエース         3本
ダブルフォルト         1本
ファーストサーブ成功率     73%
ファーストサーブポイント獲得率 63%
セカンドサーブポイント獲得率  39%
ブレークポイント勝率      1/4
ウィナー            34本
アンフォーストエラー      38本


◆プティンセバ
サービスエース         3本
ダブルフォルト         3本
ファーストサーブ成功率     66%
ファーストサーブポイント獲得率 65%
セカンドサーブポイント獲得率  52%
ブレークポイント勝率      3/7
ウィナー            15本
アンフォーストエラー      7本


(テニスデイリー編集部)


※写真は「ウィンブルドン」での大坂なおみ
(Photo by Shaun Botterill/Getty Images)

「ウィンブルドンテニス」
グランドスラム(四大大会)の第3戦、ウィンブルドンテニスをWOWOWで連日生中継!
歴史と伝統を誇るウィンブルドンテニス。グランドスラム通算20勝のフェデラー、昨年の覇者ジョコビッチがさらなる記録へ挑む。錦織圭大坂なおみの試合も連日生中継!

【放送予定】 2019年7月1日(月)~7月14日(日)連日生中継 ※7/7(日)除く
[第1日無料放送] ■詳細・放送スケジュールはこちら>

ウィンブルドンの関連記事

PAGE TOP
menu