ウィンブルドン

錦織と対戦可能性のあるイズナー「自分はとても危険な存在になれる」[ウィンブルドン]

2018年「ウィンブルドン」でのイズナー

いよいよ7月1日から開幕する、芝のグランドスラム「ウィンブルドン」。第9シードで出場するジョン・イズナー(アメリカ)は、自信はないとしつつも、「危険な存在になれる」可能性があると話している。

イズナーは昨年「ウィンブルドン」でベスト4に進出。準決勝ではケビン・アンダーソン(南アフリカ)に敗れたが、6(6)-7、7-6(5)、7-6(9)、4-6、24-26と、6時間36分にもおよぶグランドスラム史上2番目に長い激闘を演じた。


ただ今年は3月の「ATP1000 マイアミ」で準優勝となったものの、左足の疲労骨折が判明。クレーコートシーズンを全休し、この「ウィンブルドン」が復帰戦となる。


そのため、ATP(男子プロテニス協会)によると「あまり期待はない。今後への自信がつくように、最も重要なのは怪我をせずにこのトーナメントを終えること」「今年また準決勝まで到達できると考えるのは、突飛だろう。何事にも可能性はあると言えるけど、先週まではまったく練習もできなかったという事実があるからね」と、控えめに語っている。


その一方で「勢いをつけることができて、気持ちよくプレーができるなら、自分はとても危険な存在になれる。そういった勢いをつけて、コート上で気持ちよくプレーするのは簡単ではないけれど」と、イズナーは話している。


そのイズナーは、1回戦で世界60位のキャスパー・ルード(ノルウェー)と対戦予定。勝ち進めば、4回戦で第8シード錦織圭(日本/日清食品)と対戦する可能性がある。


(テニスデイリー編集部)


※写真は2018年「ウィンブルドン」でのイズナー
(Photo by Chaz Niell/Icon Sportswire via Getty Images)

「ウィンブルドンテニス」
グランドスラム(四大大会)の第3戦、ウィンブルドンテニスをWOWOWで連日生中継!
歴史と伝統を誇るウィンブルドンテニス。グランドスラム通算20勝のフェデラー、昨年の覇者ジョコビッチがさらなる記録へ挑む。錦織圭大坂なおみの試合も連日生中継!

【放送予定】 2019年7月1日(月)~7月14日(日)連日生中継 ※7/7(日)除く
[第1日無料放送] ■詳細・放送スケジュールはこちら>

友だち追加

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu