ウィンブルドン

今年のウィンブルドン優勝賞金は約3億2,000万円。増え続けるグランドスラムの賞金金額

2018年「ウィンブルドン」で優勝したジョコビッチ

7月1日に開幕する芝コートのグランドスラム「ウィンブルドン」。その男女シングルス優勝者の賞金は、235万ポンド(約3億2,000万円)だ。これは前年から4.4%増で、同大会過去最高額となる。

またシングルス準優勝で117.5万ポンド(約1億6,000万円)、準決勝敗退で58.8万ポンド(約8,000万円)、準々決勝敗退で29.4万ポンド(約4,000万円)、4回戦敗退で17.6万ポンド(約2,400万円)、3回戦敗退で11.1万ポンド(約1,500万円)、2回戦敗退で7.2万ポンド(約1,000万円)、そして1回戦敗退でも4.5万ポンド(約600万円)となっている。


そしてこれらの賞金額はほぼ毎年上がってきた。大会公式サイトに記載されているなかでもっとも古い1968年は、男子シングルスで2,000ポンド。この頃はまだ男女で優勝賞金に差があったが、2007年に優勝賞金が同額に。この時で70万ポンドだった。そこから2010年には100万ポンド、そして2016年にはさらに倍となる200万ポンドとなった。


もちろん、選手たちは優勝という名誉を目指して戦うが、生活にも関わってくるため賞金も重要。テニス選手は世界中を転戦するため、支出額も大きく、特にランキング下位の選手にとって、グランドスラムの賞金は魅力的となっている。


(テニスデイリー編集部)


※写真は2018年「ウィンブルドン」で優勝したジョコビッチ
(Photo by Matthew Stockman/Getty Images)

「ウィンブルドンテニス」
グランドスラム(四大大会)の第3戦、ウィンブルドンテニスをWOWOWで連日生中継!
歴史と伝統を誇るウィンブルドンテニス。グランドスラム通算20勝のフェデラー、昨年の覇者ジョコビッチがさらなる記録へ挑む。錦織圭大坂なおみの試合も連日生中継!

【放送予定】 2019年7月1日(月)~7月14日(日)連日生中継 ※7/7(日)除く
[第1日無料放送] ■詳細・放送スケジュールはこちら>

友だち追加

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu