ウィンブルドン

【7/10注目ドロー】マクラクラン勉/ストルフが準々決勝に臨む。女子シングルスではセレナが準々決勝へ[ウィンブルドン]

準々決勝に臨むマクラクラン勉(写真右)とストルフ(2018年「全豪オープン」の時のもの)

7月10日、「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン/7月2~15日/芝コート)大会8日目。男子シングルス4回戦、女子シングルス準々決勝、男子ダブルス準々決勝、混合ダブルス3回戦が行われる。

男子シングルス4回戦では、第5シードフアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)と世界53位のジル・シモン(フランス)の試合が再開される。この試合は9日にデル ポトロのセットカウント2-1、3セット終了時点で中断となっていた。No.2コートの第2試合で、日本時間21時に再開予定だ。

男子ダブルス準々決勝では第14シードのマクラクラン勉(日本)/ヤン レナード・ストルフ(ドイツ)がフレデリック・ニールセン(デンマーク)/Joe Salisbury(イギリス)との試合に臨む。

女子シングルスは上位10シードが全員姿を消したなかで行われる準々決勝。第25シードのセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)が、世界52位のカミラ・ジョルジ(イタリア)と対戦する。両者は過去3回対戦していてセレナが3勝している。「ウィンブルドン」シングルス8回目の優勝がかかるセレナの対戦は、センターコートの第2試合で日本時間23時開始予定。

このほか、第7シードのカロリーナ・プリスコバ(チェコ)を4回戦で破った、第20シードのキキ・バーテンズ(オランダ)が第13シードのユリア・ゲルゲス(ドイツ)と、元世界1位のアンジェリック・ケルバー(ドイツ)が、第14シードのダリア・カサキナ(ロシア)とそれぞれ対戦する。

◇   ◇   ◇

【7月10日の注目ドロー

◆男子シングルス4回戦

[5]フアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)対 ジル・シモン(フランス)

◆男子ダブルス準々決勝

[14]マクラクラン勉(日本)/ヤン レナード・ストルフ(ドイツ)対 [WC]フレデリック・ニールセン(デンマーク)/Joe Salisbury(イギリス)

◆女子シングルス準々決勝

[25]セレナ・ウイリアムズ(アメリカ)対 カミラ・ジョルジ(イタリア)

ドミニカ・チブルコバ(スロバキア)対 [12]エレナ・オスタペンコ(ラトビア)

[20]キキ・バーテンズ(オランダ)対 [13]ユリア・ゲルゲス(ドイツ)

[14]ダリア・カサキナ(ロシア)対 [11]アンジェリック・ケルバー(ドイツ)

◆混合ダブルス3回戦

[4]ジャン ジュリアン・ロジェ(オランダ)/Demi Schuurs(オランダ)対 [14]マクラクラン勉(日本)/穂積絵莉(日本/橋本総業ホールディングス)

(テニスデイリー編集部)

※写真は準々決勝に臨むマクラクラン勉(写真右)とストルフ(2018年「全豪オープン」の時のもの)
(Photo by Darrian Traynor/Getty Images)

友だち追加

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu