ウィンブルドン

【速報】錦織が第2セットをタイブレークの末に奪い返す[ウィンブルドン]

「ウィンブルドン」3回戦での錦織圭

「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン/7月2~15日/芝コート)の大会7日目、男子シングルス4回戦で第24シード錦織圭(日本/日清食品)がエルネスツ・グルビス(ラトビア)と対戦。第1セットを落とした錦織は、第2セットを7-6(5)で取り、セットカウント1-1とした。

第1セットが終わった後、錦織はトレーナーを呼んでメディカルタイムアウトを取った。錦織は試合開始時から右肘とその周辺にテーピングをしていたが、テーピングを外してマッサージを受けていた。

そして第2セットも錦織のサービスから。肘に不安は無さそうで、第1ゲームを落ち着いてキープした錦織は、第3ゲームでブレークポイントを握られたものの、ここも4度のデュースの末にしのぎきった。

第5ゲームを終えた時点で、錦織はドクターを呼んで少し話をしていたが、棄権はせずに試合を続行し、第7ゲーム終了時に痛み止めのようなものを服用していた。錦織は肘に違和感があるのか、何度も右手を振ったり、何度もさすったりしている。

錦織はなんとかブレークしたいと気合いの入ったプレーをするものの、第12ゲームを終えた時点でまだブレークポイントを握ることすらできていない。そして第2セットはタイブレークに突入した。

タイブレークで錦織は先にミニブレークに成功してリードすると、その後も着実にプレーを進め、ポイント5-1と大きくリードした。グルビスにポイントを奪われつつも、落ち着いてプレーを進めた錦織が第2セットを7-6(5)で取り、セットカウント1-1とした。

試合は先に3セットを先取した方が勝利の5セットマッチ。現在第3セットに進んでいる。

(テニスデイリー編集部)

※写真は「ウィンブルドン」3回戦での錦織圭
(Photo by Cynthia Lum/Icon Sportswire via Getty Images)

友だち追加

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu