マイページ

ウィンブルドン

【速報】錦織が第2セットを連取し、ベスト16まであと1セット[ウィンブルドン]

「ウィンブルドン」2回戦での錦織圭

「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン/7月2~15日/芝コート)の6日目、男子シングルス3回戦で第24シード錦織圭(日本/日清食品)が第15シードのニック・キリオス(オーストラリア)と対戦。第1セットの6-1に続き、第2セットも7-6(3)で錦織が連取し、勝利まであと1セットとした。

第2セットはキリオスのサービスから。まだプレーにムラのあるキリオスに対し、錦織は第1ゲームで30-40とすると、見事なリターンでブレークに成功し、第2セットも先行した。

しかし、第4ゲームでキリオスにこの試合初となるブレークポイントを握られてしまう。なんとかしのぎたいところだったが、錦織のショットがわずかにアウトとなり、ブレークバックを許してしまった。

そこからお互いにキープが続く。第9ゲームで錦織はデュースまで追い上げたがブレークには至らず、お互いにキープし合って第2セットはタイブレークに突入した。

タイブレークになっても両者譲らぬ展開が続く。そしてポイント4-3となったところでキリオスがダブルフォルトを犯して錦織がミニブレークに成功し、続くプレーでもキリオスのショットがアウトになって錦織がポイント6-3とセットポイントを握った。ここでキリオスの強烈なショットに合わせた錦織のボールがラインギリギリに収まり、第2セットを錦織が7-6(3)で連取した。

試合は先に3セットを先取した方が勝利の5セットマッチ。現在第3セットに進んでいる。

(テニスデイリー編集部)

※写真は「ウィンブルドン」2回戦での錦織圭
(Photo by Cynthia Lum/Icon Sportswire via Getty Images)

ウィンブルドンの関連記事

PAGE TOP
menu