マイページ

ウィンブルドン

【速報】錦織がタイブレークの末に第3セットを取り、勝利まであと1つ[ウィンブルドン]

現在対戦中の錦織圭

「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン/7月2~15日/芝コート)の4日目、男子シングルス2回戦で第24シード錦織圭(日本/日清食品)がバーナード・トミック(オーストラリア)と対戦。お互いに1セットずつ取って迎えた第3セットは7-6(7)で錦織が取り、勝利まであと1セットと迫った。

第3セットはトミックのサービスゲームから。第1ゲームからお互いにキープが続く展開となった。サーブの調子が良い錦織は、サービスエースを決めながら自身のサービスゲームをキープしていく。

試合が動いたのは第7ゲーム。積極的に攻める錦織は、15-40と2本のブレークポイントを握る。1本はしのがれたが、続くプレーで見事にブレークに成功し、第3セットも先にリードを作った。

しかし、直後にサーブが乱れた錦織は15-40とされてピンチを迎えてしまった。1本はしのいだが、続くプレーで錦織のショットがネットを越えられず、ブレークバックを許してしまった。

ゲームカウント4-5で迎えた第10ゲームで15-40と2本のセットポイントをトミックに握られた錦織。ここでサーブ2本を決めてデュースに持ち込む。錦織はさらにサービスエースを2本決め、合計4本のサーブでピンチをしのぎきった。

そしてお互いにキープをし、第3セットはタイブレークに突入した。先にミニブレークを果たしたのは錦織だが、ドロップショットをミスしてしまいポイント3-3のイーブンとなった。そこからお互いに自身のサービスゲームを決め、ポイント6-5と錦織がセットポイントを握ったがここは決めることができなかった。

そして続くプレーでトミックにサービスエースを決められ、トミックにセットポイントを握られた。ここを冷静にしのいだ錦織は、ネットに出てポイントを奪い、再度セットポイントを握ると、続くプレーでトミックのショットがネットを越えられず、第3セットは7-6(7)で錦織が取り返した。

試合は先に3セットを先取した方が勝利の5セットマッチ。現在第4セットに進んでいる。

(テニスデイリー編集部)

※写真は現在対戦中の錦織圭
(Photo by Clive Mason/Getty Images)

ウィンブルドンの関連記事

PAGE TOP
menu