ウィンブルドン

【速報】杉田 第1セットを先取。世界168位クランとの1回戦[ウィンブルドン]

2017年「ウィンブルドン」のときの杉田祐一

「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン/7月2~15日/芝コート)の大会2日目、1回戦で世界69位の杉田祐一(日本/三菱電機)が、予選勝者で世界168位のブラッドリー・クラン(アメリカ)と対戦。第1セットは6-2で杉田が先取した。

両者は今回が初めての対戦。杉田は今期の芝シーズンに入り、「男子テニスATPワールドツアー500 ハレ」2回戦で当時世界ランキング7位のドミニク・ティーム(オーストリア)を破る金星を挙げ、存在感を再び見せていた。続く「男子テニスATPワールドツアー250 アンタルヤ」には前年優勝者として臨むも、2回戦で世界75位のピエール ユーグ・エルベール(フランス)にフルセットで敗れた。

一方、1回戦の対戦相手クランは予選を全てストレートで勝ち上がり、予選3回戦ではシモーネ・ボレッリ(イタリア)から6-3、6-4、7-6(3)のストレートで白星を挙げていた。杉田は2017年「ウィンブルドン」で本戦初勝利を上げており、今年も初戦に期待がかかる。

試合はクランのサービスゲームから始まった。序盤はキープが続いた後、第5ゲームに杉田が先にブレークに成功。流れに乗った杉田は第7ゲームにもブレークし、ゲームカウント5-2とリードした。続くサービング・フォー・ザ・セットも危なげなくキープし、杉田は第1セットを先取した。

試合は先に3セットを先取した方が勝利の5セットマッチ。現在第2セットに進んでいる。

(テニスデイリー編集部)

※写真は2017年「ウィンブルドン」のときの杉田祐一
(Photo by David Ramos/Getty Images)

友だち追加

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu