ウィンブルドン

大坂、初戦で世界59位ニクレスクと対戦へ[ウィンブルドン]

昨年の「ウィンブルドン」での大坂

「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン/7月2~15日/芝コート)の女子シングルスのドロー表が発表され、大坂なおみ(日本/日清食品)は第18シードとなり、1回戦で世界ランキング59位のモニカ・ニクレスク(ルーマニア)と対戦することが決まった。

対戦相手のニクレスクは現在30歳で、フォアハンドで作り、攻撃的な両手バックハンドで決めるという独特なスタイルの選手だ。両者は今回が初対戦となる。

大坂が順調に勝利を重ね、世界ランキング通りに他の選手も勝利した場合、2回戦では119位のベロニカ・セペデ ロイグ(パラグアイ)、3回戦では第11シードのアンジェリック・ケルバー(ドイツ)、4回戦では第6シードのカロリーヌ・ガルシア(フランス)と対戦する可能性がある。

また、他の日本人選手では、男子シングルスは錦織圭(日本/日清食品)が200位のクリスチャン・ハリソン(アメリカ)と、杉田祐一(日本/三菱電機)が170位のブラッドリー・クラン(アメリカ)と対戦。ダニエル太郎(日本/エイブル)は第19シードのファビオ・フォニーニ(イタリア)と、西岡良仁(日本/ミキハウス)は第3シードで昨年準優勝のマリン・チリッチ(クロアチア)と対戦する。

女子シングルスでは、奈良くるみ(日本/安藤証券)が第1シードのシモナ・ハレプ(ルーマニア)と対戦する予定だ。

(テニスデイリー編集部)

※写真は昨年の「ウィンブルドン」での大坂
(Photo by Julian Finney/Getty Images)

友だち追加

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu