マイページ

全米オープン

【速報】メドベージェフが2セット連取で初優勝まであと1セットに。追い込まれたジョコビッチはラケット破壊も

「全米オープン」決勝でジョコビッチが破壊したラケット

「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/8月30日~9月12日/ハードコート)大会最終日となる9月12日に行われた男子シングルス決勝で、第1シードノバク・ジョコビッチ(セルビア)と第2シードのダニール・メドベージェフ(ロシア)が対戦。メドベージェフが第2セットも6-4で取り、勝利まであと1セットとしている。

第1セットでは最初のサービスゲームでアンフォーストエラーを連発し、みすみすブレークを許してしまったジョコビッチ。その差を取り戻せず、サーブが好調のメドベージェフが6-4で先取した。


続く第2セット、第1セットで最初のゲームを落としていたジョコビッチが今度はラブゲームキープ。すると直後のゲームでメドベージェフがエラーを重ねて0-40というピンチに。しかしメドベージェフはこの日10本目のサービスエースなどでそれをしのぎ、1-1とした。ジョコビッチはようやく掴んだブレークポイントを3本続けて逃してデュースとされた際には、両手で自分の膝を何度も叩いて悔しがる場面も。


続く第3ゲーム、打ち合いからフォアのダウンザラインを決めたメドベージェフに、この試合4度目のブレークチャンス。しかし、ここはなんとかジョコビッチがキープした。


第2セットに入ってメドベージェフがキープに苦労するようになる中、第4ゲームでジョコビッチがまたもチャンスを掴む。しかし、メドベージェフに粘られる中でフラストレーションをつのらせてゆき、相手がアドバンテージを得た時にそれが爆発。思わずラケットをコートに叩きつけて破壊し、警告を受ける。


続く第5ゲーム、なかなかファーストサーブの入らないジョコビッチはバックハンドのショットをネットに引っかけて15-40に。最初のピンチはしのいだが、2度目でリターンがミスとなり、このセットでも先にリードを許してしまう。


その後はメドベージェフが余裕を持ってプレーできるようになり、第6、第8ゲームはラブゲームでキープ。ジョコビッチも何とかキープして望みをつなぐ。


しかしメドベージェフの勢いは衰えず、サービング・フォー・ザ・セットとなった第10ゲームもキープし、2セットを連取した。


試合は3セットを先取した方が勝利の5セットマッチ。現在第3セットに進んでいる。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「全米オープン」決勝でジョコビッチが破壊したラケット
(Photo by Matthew Stockman/Getty Images)

全米オープンテニスWOWOW独占生中継!

2021シーズン最後のグランドスラムの栄冠を手にするのは、歴戦の勇者か?それともライジングスターか?晩夏のニューヨークで繰り広げられる激戦の模様を連日独占生中継!

【放送予定】9/13(月)まで連日独占生中継
■詳細・放送スケジュールはこちら >>

全米オープンの関連記事

PAGE TOP
menu