マイページ

全米オープン

【速報】ズベレフが第4セットを取り、勝負の行方は最終セットに。世界王者ジョコビッチとの全米OP準決勝

「全米オープン」でのズベレフ

「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/8月30日~9月12日/ハードコート)大会12日目となる9月10日。男子シングルス準決勝で、第1シードノバク・ジョコビッチ(セルビア)と第4シードのアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)が対戦。ズベレフが第4セットを6-4で取り、セットカウント2-2で勝負の行方は最終セットで決することになった。

第1セット、素晴らしい入りを見せたジョコビッチだが、ゲームカウント4-4で迎えた第9ゲームで打ち合いからズベレフにブレークポイントを与えると、痛恨のダブルフォールトでサーブを破られる。続く第10ゲームをズベレフがキープし、第1セットを6-4で取った。


だが第2セットではジョコビッチが先にブレーク。第2ゲームでこの日初めてのブレークポイントを得ると、次のポイントでズベレフがダブルフォールトと、第1セットのジョコビッチと同じ形でサーブを落とす。ジョコビッチがさらに第8ゲームもブレークし、6-2でセットを取り返した。


第3セットではジョコビッチのアンフォーストエラーが増えたことから、ズベレフが第1、第5ゲームで合わせて3度のブレークチャンスを得るも決められない。そんなズベレフは5-4で迎えた第10ゲーム、ここを何としても取らなければならないというプレッシャーからか消極的なプレーを見せ、このセットでこれまでチャンスのなかったジョコビッチにみすみす3本のブレークポイントを与えてしまう。スーパープレーなどでそのうち2本をしのいだが、3本目を決められ、第3セットを4-6で失った。


そして第4セットでは、第3ゲームでいいディフェンスを見せたズベレフにブレークチャンス到来。1度目は逃したが、デュースを経て再び掴んだ2度目の機会をダウンザラインで決め、2-1とした。


第6ゲーム、ズベレフはダブルフォールト、バックハンドのミスなどからデュースとしてしまうが、時速215kmのセカンドサーブを決めてピンチを乗り切る。


第7、第8ゲームは互いにラブゲームでキープ。第9ゲームではズベレフが強烈なフォアハンドを決めてデュースとするが、ジョコビッチがそこから2連続でポイントを決めてキープした。


続く10ゲームはズベレフのサービング・フォー・ザ・セット。ラリーで依然として優位を保ち、ジョコビッチのドロップショットが甘くなったところを決めてセットポイント。最後はジョコビッチのリターンがネットにかかり、ズベレフがセットカウント2-2と追いついている。


試合は3セットを先取した方が勝利の5セットマッチ。現在、最終の第5セットに進んでいる。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「全米オープン」でのズベレフ
(Photo by Sarah Stier/Getty Images)

全米オープンテニスWOWOW独占生中継!

2021シーズン最後のグランドスラムの栄冠を手にするのは、歴戦の勇者か?それともライジングスターか?晩夏のニューヨークで繰り広げられる激戦の模様を連日独占生中継!

【放送予定】9/13(月)まで連日独占生中継
■詳細・放送スケジュールはこちら >>

全米オープンの関連記事

PAGE TOP
menu