マイページ

全米オープン

【速報】ジョコビッチが2セット連取で勝利まであと1セットに。第4シードのズベレフとの全米OP準決勝

「全米オープン」でのジョコビッチ

「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/8月30日~9月12日/ハードコート)大会12日目となる9月10日。男子シングルス準決勝で、第1シードノバク・ジョコビッチ(セルビア)と第4シードのアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)が対戦。ジョコビッチが第3セットを6-4で取り、勝利まであと1セットに迫っている。

第1セット、素晴らしい入りを見せたジョコビッチだが、ゲームカウント4-4で迎えた第9ゲームで打ち合いからズベレフにブレークポイントを与えると、痛恨のダブルフォールトでサーブを破られる。続く第10ゲームをズベレフがキープし、第1セットを6-4で取った。


だが第2セットではジョコビッチが先にブレーク。第2ゲームでこの日初めてのブレークポイントを得ると、次のポイントでズベレフがダブルフォールトと、第1セットのジョコビッチと同じ形でサーブを落とす。ジョコビッチがさらに第8ゲームもブレークし、6-2でセットを取り返した。


第3セット、ジョコビッチのアンフォーストエラーが増えたところを突き、ズベレフが第5ゲームで鮮やかなパッシングショットを決めて2本のブレークポイントを掴む。しかしジョコビッチが勝負どころでサーブ、ショットの精度を上げ、第1ゲームに続くピンチをしのいだ。


ズベレフは第4、第6ゲームをいずれもラブゲームでキープしてジョコビッチにプレッシャーを与えていたが、このセットで何度も惜しいチャンスを逃したためか、第8ゲームでは30-30としてしまうも、そこからサーブを決めて4-4と食らいつく。


ズベレフの4-5で迎えた第10ゲーム、ここを何としても取らなければならないズベレフは消極的なプレーを見せてしまい、最初の2ポイントをロングラリーの末に失う。続くポイントもズベレフが先にミスを犯し、このセットでこれまでチャンスのなかったジョコビッチに3本のブレークポイント。1本目をしのいだズベレフは、続くポイントで53本という今大会最多ラリーの末にフォアハンドクロスを決める。しかし、残り1本のブレークポイントをジョコビッチが打ち合いの末のスマッシュで取り、第3セットを奪い取った。


試合は3セットを先取した方が勝利の5セットマッチ。現在第4セットに進んでいる。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「全米オープン」でのジョコビッチ
(Photo by Sarah Stier/Getty Images)

全米オープンテニスWOWOW独占生中継!

2021シーズン最後のグランドスラムの栄冠を手にするのは、歴戦の勇者か?それともライジングスターか?晩夏のニューヨークで繰り広げられる激戦の模様を連日独占生中継!

【放送予定】9/13(月)まで連日独占生中継
■詳細・放送スケジュールはこちら >>

全米オープンの関連記事

PAGE TOP
menu