マイページ

全米オープン

【速報】ズベレフが第1セット先取。世界王者ジョコビッチとの全米OP準決勝

「全米オープン」でのズベレフ

「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/8月30日~9月12日/ハードコート)大会12日目となる9月10日に行われた男子シングルス準決勝で、第1シードノバク・ジョコビッチ(セルビア)と第4シードのアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)が対戦。ズベレフが第1セットを6-4で取った。

両者はこれが10回目の対戦。過去の対戦成績はジョコビッチの6勝3敗だが、直近の対戦となった「東京オリンピック」の準決勝ではズベレフが1-6、6-3、6-1で逆転勝利。1988年のシュテフィ・グラフ(ドイツ)に続く史上2人目の年間ゴールデンスラムを目指していたジョコビッチの夢を終わらせていた。


それ以来となる再戦について、ズベレフは「彼との対戦では、でき得る限りの最高のテニスを見せる必要がある。完璧じゃないと勝てないんだ。彼との試合では、自分との戦いに勝たなければならない」と発言。そんなズベレフはオリンピックから公式戦16連勝中、今大会ではここまで1セットしか落としていないという好調ぶりだ。


一方のジョコビッチは「グランドスラムは5セットマッチだ」として、3セットマッチのオリンピックとは違う戦いであることを強調。実際、グランドスラムで顔を合わせた過去2度の対戦(2019年「全仏オープン」と今年の「全豪オープン」)ではいずれもジョコビッチが勝利している。グランドスラムで3大会連続優勝、26連勝中と無類の強さを誇るジョコビッチは、「今日(準決勝)よりも激しい戦いになるだろうけど、準備はできているよ。彼のテニスはよく知ってる。彼はここまでとてもいいプレーを見せているから、どちらにも転びえるだろう。わずかな差が勝敗を分けるんじゃないかな」と予想していた。


第6シードマッテオ・ベレッティーニ(イタリア)を4セットで下した準々決勝の後、「第2、第3、第4セットは今大会で最高のプレーができた」と話していたジョコビッチだが、この試合ではそれを上回るようなパフォーマンスを開始直後から披露。最初2回のサービスゲームでファーストサーブをすべて入れ、その9本のうち8本をポイントに結びつけた。


しかし、互いにサービスゲームをキープし合って迎えた第7ゲーム、30-30からジョコビッチが珍しくセカンドサーブを放ったところ、24本のロングラリーに。最後はネットプレーの応酬からズベレフがフォアハンドを決めて先にブレークポイントを手にしたが、ジョコビッチが鋭いサーブでなんとかしのいだ。


だが、ジョコビッチは第9ゲームでも再び打ち合いからズベレフにチャンスを作られ、痛恨のダブルフォールトでブレークを許してしまう。ズベレフのサービング・フォー・ザ・セットとなった第10ゲーム、ズベレフがサービスエース連発で40-0とする、そこからこの日最初のダブルフォールト、ショットミスで40-30となるが、続くポイントでジョコビッチがフレームショットとなってしまいボールを返せず、ズベレフが第1セットを取った。


試合は3セットを先取した方が勝利の5セットマッチ。現在第2セットに進んでいる。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「全米オープン」でのズベレフ
(Photo by Matthew Stockman/Getty Images)

全米オープンテニスWOWOW独占生中継!

2021シーズン最後のグランドスラムの栄冠を手にするのは、歴戦の勇者か?それともライジングスターか?晩夏のニューヨークで繰り広げられる激戦の模様を連日独占生中継!

【放送予定】9/13(月)まで連日独占生中継
■詳細・放送スケジュールはこちら >>

全米オープンの関連記事

PAGE TOP
menu