マイページ

全米オープン

ズベレフら選手も一緒に拭き掃除!アクシデントにみんなで対処[全米オープン]

「全米オープン」でのズベレフ(右奥にハリス)

「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/8月30日~9月12日/ハードコート)男子シングルスの準々決勝、第4シードアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)対世界ランキング46位のロイド・ハリス(南アフリカ)で、ちょっと変わった一幕が見られた。豪ニュースサイト nine.com.auなどが伝えている。

ズベレフとハリスの試合は、第1セットでビッグサーバーの二人が多くのサービスエースを決める展開となり、先にブレークに成功したハリスがゲームカウント5-3とリードしてサービング・フォー・ザ・セットを迎えるが、そこで奪い返されてタイブレークに突入。ハリスは6-5でセットポイントを得るものの、次のポイントでフォアハンドを決められず6-6に。その後さらにズベレフに2ポイントを連取され、このセットを落とした。


何度もあったチャンスを逃して第1セットを落とした直後、ハリスは腹立ちを抑えられなかったようで、コートのクーラーボックスから取り出した2本のウォーターボトルをコートに叩きつける。それによってコートが濡れたため、ボールパーソンや主審がタオルでコートを拭く事態に。叩きつけたハリス本人とズベレフもタオルを持ち寄り、みんなで5分ほど拭き掃除を行った。ハリスとズベレフは掃除をしながら談笑する場面も。


なお、このペットボトル叩きつけは意図的な行為とはみなされなかったようで、ハリスがペナルティを科されることはなかった。


この第1セットを取ったズベレフがそのまま7-6(6)、6-3、6-4のストレート勝ち。準優勝した昨年に続く準決勝進出で、次戦では第1シードノバク・ジョコビッチ(セルビア)と顔を合わせる。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「全米オープン」でのズベレフ(右奥にハリス)
(Photo by Elsa/Getty Images)

全米オープンテニスWOWOW独占生中継!

2021シーズン最後のグランドスラムの栄冠を手にするのは、歴戦の勇者か?それともライジングスターか?晩夏のニューヨークで繰り広げられる激戦の模様を連日独占生中継!

【放送予定】9/13(月)まで連日独占生中継
■詳細・放送スケジュールはこちら >>

全米オープンの関連記事

PAGE TOP
menu