マイページ

全米オープン

錦織、シャポバロフ、バーティが消える。マクラクラン/柴原ペアが初戦突破[全米オープン]

「全米オープン」での錦織

現地9月4日に行われた「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/8月30日~9月12日/ハードコート)大会6日目、男子シングルスで世界ランキング56位の錦織圭(日本/日清食品)は3回戦敗退。マクラクラン勉(日本/イカイ)は、レイブン・クラーセン(南アフリカ)とのペアで第11シードとして臨んだ男子ダブルスでは2回戦で敗れたものの、「東京オリンピック」に続いて柴原瑛菜(日本/橋本総業ホールディングス)と組んだ混合ダブルスでは初戦突破を果たしている。「全米オープン」公式ウェブサイトが伝えた。

錦織は第1シードノバク・ジョコビッチ(セルビア)相手に第1セットを奪ったものの、7-6(4)、3-6、3-6、2-6の逆転負け。勝ったジョコビッチは、「全豪オープン」でベスト4と躍進した第21シードのアスラン・カラツェフ(ロシア)をフルセットの末に下した20歳の新鋭ジェンソン・ブルックスビー(アメリカ)と4回戦で対戦する。


第7シードのデニス・シャポバロフ(カナダ)はサービスエースの本数をダブルフォールトの回数が上回るという風にサーブが安定せず、世界46位のロイド・ハリス(南アフリカ)にストレート負けを喫した。ハリスは4回戦では第22シードのライリー・オペルカ(アメリカ)と顔を合わせる。


第4シードのアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)は、元世界8位のジャック・ソック(アメリカ)に今大会初めてセットを奪われるも、セットカウント2-1と盛り返したところで相手が怪我により棄権し、ベスト16入り。次戦では、第17シードのガエル・モンフィス(フランス)とのフルセットを制した第13シードのヤニク・シナー(イタリア)を迎え撃つ。


「ウィンブルドン」ファイナリストで第6シードのマッテオ・ベレッティーニ(イタリア)は、今大会直前にツアー初優勝を飾った世界53位のイリヤ・イバシカ(ベラルーシ)に苦戦するも、5セットマッチの末に辛勝している。


女子シングルスでは、大会5日目に前回チャンピオンで第3シードの大坂なおみ(日本/日清食品)が敗れたのに続いて、「ウィンブルドン」覇者で第1シードのアシュリー・バーティ(オーストラリア)も3回戦敗退の波乱が起きた。バーティは世界43位のシェルビー・ロジャーズ(アメリカ)相手にブレーク回数は同じで、総ポイント数では上回ったものの、最終セットのタイブレークを落とすなど、勝負どころで競り負けた。また、第10シードのペトラ・クビトバ(チェコ)が「全仏オープン」ベスト4の第17シード、マリア・サカーリ(ギリシャ)に4-6、3-6と敗れている。


ドロー表のトップハーフでは第4シードのカロリーナ・プリスコバ(チェコ)、第6シードのビアンカ・アンドレスク(カナダ)、第7シードのイガ・シフィオンテク(ポーランド)などがベスト16入りを果たしている。


また、新星エマ・ラドゥカヌ(イギリス)の勢いは止まらず、2回戦の世界49位ジャン・シューアイ(中国)に続いて3回戦でも世界41位のサラ・ソリベス トルモ(スペイン)と、トップ50の選手に連勝で、「ウィンブルドン」に続いての4回戦進出。これで予選から数えると6連勝中、すべてストレート勝ちだ。


大会6日目の主な試合結果は以下の通り。(※[]内の数字はシード表記)


<男子シングルス>
【3回戦】
ノバク・ジョコビッチ(セルビア)[1] 6-7(4) 6-3 6-3 6-2 ●錦織圭(日本/日清食品)


アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)[4] 3-6 6-2 6-3 2-1(RET) ●ジャック・ソック(アメリカ)


イリヤ・イバシカ(ベラルーシ) 7-6(5) 2-6 4-6 6-2 3-6 〇マッテオ・ベレッティーニ(イタリア)[6]


ロイド・ハリス(南アフリカ) 6-4 6-4 6-4 ●デニス・シャポバロフ(カナダ)[7]


ガエル・モンフィス(フランス)[17] 6-7(1) 2-6 6-4 6-4 4-6 〇ヤニク・シナー(イタリア)[13]


アスラン・カラツェフ(ロシア)[21] 2-6 6-3 6-2 3-6 3-6 〇ジェンソン・ブルックスビー(アメリカ)


ニコラス・バシラシビリ(ジョージア) 6-7(5) 3-6 4-6 〇ライリー・オペルカ(アメリカ)[22]


<女子シングルス>
【3回戦】
アシュリー・バーティ(オーストラリア)[1] 2-6 6-1 6-7(5) 〇シェルビー・ロジャーズ(アメリカ)


カロリーナ・プリスコバ(チェコ)[4] 6-3 6-2 ●アイラ・トムヤノビッチ(オーストラリア)


グリート・ミネン(ベルギー) 1-6 2-6 〇ビアンカ・アンドレスク(カナダ)[6]


アネット・コンタベイト(エストニア)[28] 3-6 6-4 3-6 〇イガ・シフィオンテク(ポーランド)[7]


ペトラ・クビトバ(チェコ)[10] 4-6 3-6 〇マリア・サカーリ(ギリシャ)[17]


ベリンダ・ベンチッチ(スイス)[11] 6-2 6-4 ●ジェシカ・ペグラ(アメリカ)[23]


バルバラ・グラチェワ(ロシア) 1-6 4-6 〇アナスタシア・パブリウチェンコワ(ロシア)[14]


サラ・ソリベス トルモ(スペイン)0-6 1-6 〇エマ・ラドゥカヌ(イギリス)


<男子ダブルス>
【2回戦】
レイブン・クラーセン(南アフリカ)/マクラクラン勉(日本/イカイ)[11] 1-6 6-3 6-7(7) 〇サンティアゴ・ゴンサレス(メキシコ)/アンドレス・モルテニ(アルゼンチン)


<混合ダブルス>
【1回戦】
柴原瑛菜(日本/橋本総業ホールディングス)/マクラクラン勉(日本/イカイ)[6] 7-5 6-2 ●ヘイリー・カーター(アメリカ)/ハンター・リース(アメリカ)


(テニスデイリー編集部)


※写真は「全米オープン」での錦織
(Photo by Sarah Stier/Getty Images)

全米オープンテニスWOWOW独占生中継!

2021シーズン最後のグランドスラムの栄冠を手にするのは、歴戦の勇者か?それともライジングスターか?晩夏のニューヨークで繰り広げられる激戦の模様を連日独占生中継!

【放送予定】9/13(月)まで連日独占生中継
■詳細・放送スケジュールはこちら >>

全米オープンの関連記事

PAGE TOP
menu