マイページ

全米オープン

【速報】錦織は全米OP3回戦敗退。逆転勝利のジョコビッチが4回戦へ

「全米オープン」での錦織圭

「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/8月30日~9月12日/ハードコート)大会6日目となる9月4日。男子シングルス3回戦で、世界ランキング56位の錦織圭(日本/日清食品)が第1シードノバク・ジョコビッチ(セルビア)と対戦。錦織は7-6(4)、3-6、3-6、2-6の逆転負けで、3回戦敗退となった。試合時間は3時間32分。

第1セット、錦織は相手のミスを見逃さず先にブレーク。その後に追いつかれるが、タイブレークで一度だけミニブレークに成功し、7-6(4)で先取した。


第2セットでは、第3ゲームでジョコビッチにサービスゲームを破られてしまう。一方の錦織は7回ブレークチャンスを作るが、いずれもジョコビッチにしのがれる。その後ジョコビッチは第9ゲームで鋭いリターンからセットポイントを掴み、最後は錦織のショットがわずかにそれて、ジョコビッチに3-6でセットを奪われた。


第3セット、錦織は第4ゲームでダブルフォールトからピンチを迎えると、ジョコビッチのバックハンドスライスをネットに引っかけてしまいブレークされる。第7ゲームでナイスプレーの連発からブレークバックを果たすが、直後のサービスゲームを落として、第3セットも3-6で失うことに。


第4セット、錦織のサービスゲームである第5ゲームで試合が動く。最初のポイントで、26本のロングラリーからジョコビッチがラインをわずかにかするスーパーショットを決める。その勢いでポイントを重ねて3本のブレークポイントを得ると、錦織にうち2本はしのがれたが、3本目を決めてブレークを果たした。


錦織はゲームカウント2-4で迎えたサービスゲーム、ジョコビッチのダウンザラインでブレークチャンスを作られる。次のポイントで錦織がネットに引っかけ、このセットで2度目のブレークを喫した。


続く第8ゲームはジョコビッチのサービング・フォー・ザ・マッチに。錦織はリターンエースなどから2度ブレークチャンスを作る粘りを見せるも、最後はジョコビッチの3度目のマッチポイントで錦織がリターンをネットにかけて試合終了。


錦織に17連勝を飾ったジョコビッチは、男子テニス界では50年以上ぶりとなる年間グランドスラム制覇を目指している。その目標達成まであと4勝となり、次の4回戦では第21シードアスラン・カラツェフ(ロシア)対世界99位の20歳、ジェンソン・ブルックスビー(アメリカ)の勝者と対戦する。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「全米オープン」での錦織圭
(Photo by Al Bello/Getty Images)

全米オープンテニスWOWOW独占生中継!

2021シーズン最後のグランドスラムの栄冠を手にするのは、歴戦の勇者か?それともライジングスターか?晩夏のニューヨークで繰り広げられる激戦の模様を連日独占生中継!

【放送予定】9/13(月)まで連日独占生中継
■詳細・放送スケジュールはこちら >>

全米オープンの関連記事

PAGE TOP
menu