マイページ

全米オープン

【速報】錦織が第3セットも失い追い込まれる。世界王者ジョコビッチとの全米OP3回戦

「全米オープン」での錦織圭

「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/8月30日~9月12日/ハードコート)大会6日目となる9月4日。男子シングルス3回戦で、世界ランキング56位の錦織圭(日本/日清食品)が第1シードノバク・ジョコビッチ(セルビア)と対戦。錦織は第3セットを3-6で落とし、セットカウント1-2と追い込まれている。

第1セット、錦織は相手のミスを見逃さず先にブレーク。その後に追いつかれるが、タイブレークで一度だけミニブレークに成功し、7-6(4)で先取した。


第2セットでは、第3ゲームでジョコビッチにサービスゲームを破られてしまう。一方の錦織は7回ブレークチャンスを作るが、いずれもジョコビッチにしのがれる。するとジョコビッチは第9ゲームで鋭いリターンからセットポイントを掴み、最後は錦織のショットがわずかにそれて、ジョコビッチに3-6で第2セットを奪われた。


第3セット、第2ゲームでジョコビッチがブレークチャンスを先に作る。それはしのいだ錦織だったが、第4ゲームでもダブルフォールトから再びピンチを迎えると、ジョコビッチのバックハンドスライスをネットに引っかけてしまいブレークされる。


ジョコビッチのサービスゲームである第7ゲーム、錦織はコードボールフォアハンドダウンザライン、そしてフォアハンドの逆クロスで3ポイントを連取してデュースとする。その後、ジョコビッチのダブルフォールトで得たブレークポイントをモノにし、4-3とした。


だが、錦織は直後のサービスゲームでミスショットなどからジョコビッチにブレークバックを許してしまう。続く第9ゲーム、ジョコビッチがサービング・フォー・ザ・セットをキープし、2セット連取した。


試合は3セットを先取した方が勝利の5セットマッチ。現在第4セットに進んでいる。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「全米オープン」での錦織圭
(Photo by Sarah Stier/Getty Images)

錦織圭出場!全米オープンテニスWOWOW独占生中継!

2021シーズン最後のグランドスラムとなる全米オープンテニス。2014年準優勝し、ハードコートでのプレーを得意としている錦織圭の活躍に期待!

【放送予定】9/13(月)まで連日独占生中継
■詳細・放送スケジュールはこちら >>

全米オープンの関連記事

PAGE TOP
menu