マイページ

全米オープン

【速報】錦織が第1セット先取。世界王者ジョコビッチとの全米OP3回戦

「全米オープン」での錦織圭

「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/8月30日~9月12日/ハードコート)大会6日目となる9月4日。男子シングルス3回戦で、世界ランキング56位の錦織圭(日本/日清食品)が第1シードノバク・ジョコビッチ(セルビア)と対戦。錦織は第1セットを7-6(4)で取った。

両者はこれが20回目の対戦。過去の対戦成績はジョコビッチの17勝2敗だが、「全米オープン」では1勝1敗。錦織は2014年の準決勝で4セットの末に勝利し、その4年後に同じラウンドで当たった際にはストレートで敗れていた。


コイントスに勝利したジョコビッチがサーブを選択したため、第1セットは彼のサービスゲームからスタート。第2ゲーム、錦織はダブルフォールトもあり2本のブレークポイントを与えてしまうが、相手を走らせてミスを誘い、サービスエースも決めてキープに成功する。


すると第3ゲーム、ジョコビッチがダブルフォールトなどのミスを重ねたことから、錦織に3本のブレークポイントが。ジョコビッチが1本はしのいだが、続くポイントでショットがアウトになり、錦織が先にブレークした。その後、錦織は第6ゲームで相手にブレークポイントを握られるも、なんとかしのぐ。それでも第8ゲームで追いつかれ、そのままタイブレークに突入。互いにポイントをキープし合う中、9ポイント目で錦織がミニブレークを果たし、第1セットを取った。


試合は3セットを先取した方が勝利の5セットマッチ。現在第2セットに進んでいる。                         


(テニスデイリー編集部)


※写真は「全米オープン」での錦織圭
(Photo by Sarah Stier/Getty Images)

錦織圭出場!全米オープンテニスWOWOW独占生中継!

2021シーズン最後のグランドスラムとなる全米オープンテニス。2014年準優勝し、ハードコートでのプレーを得意としている錦織圭の活躍に期待!

【放送予定】9/13(月)まで連日独占生中継
■詳細・放送スケジュールはこちら >>

全米オープンの関連記事

PAGE TOP
menu