マイページ

全米オープン

【速報】大坂なおみ まさかの全米OP3回戦敗退。18歳フェルナンデスに勝利目前から逆転許す

2021年「全米オープン」での大坂なおみ

「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/8月30日~9月12日/ハードコート)大会5日目となる現地9月3日。女子シングルス3回戦で、第3シード大坂なおみ(日本/日清食品)が世界73位のレイラ・フェルナンデス(カナダ)と対戦。大坂が7-5、6(2)-7、4-6で敗れ、4年連続の同大会ベスト16進出はならなかった。試合時間は2時間3分。

18歳の若手との初対戦だったこの試合。第1セットは第2ゲーム以降、セット終盤までお互いにブレークポイントを与えない引き締まった展開に。そんな中、大坂が勝負どころの第11ゲームで一気にラブゲームでブレークを奪い先取した。


しかし第2セット。第1セットと同じ展開から終盤にサービング・フォー・ザ・マッチを迎えた大坂だったが、決め切ることができずタイブレークに突入。すると突如乱れが出て、ラケットを叩きつけるシーンもありセットを落とした。


そして勝負の第3セット。気持ちを切り替えたい大坂だったが、第1ゲームでいきなり被ブレーク。苛立ちが止まらない大坂は、直後のゲームでは客席にボールを打ち込み主審から警告を受けた。


ゲームが進むにつれて徐々に冷静な表情を取り戻していった大坂だったが、一方の相手も大坂の振る舞いに動じずサービスゲームをキープしてゆく。


そして、第10ゲームが相手フェルナンデスのサービング・フォー・ザ・マッチに。何とか追いつきたい大坂だったが、土壇場でのブレークはならず3回戦敗退となった。


一方勝利したフェルナンデスは、4回戦で第16シードアンジェリック・ケルバー(ドイツ)と対戦する。フェルナンデスとケルバーは今回が初対戦となる。


(テニスデイリー編集部)


※写真は2021年「全米オープン」での大坂なおみ
(Photo by Elsa/Getty Images)

錦織、大坂出場!全米オープンテニスWOWOW独占生中継!

2021シーズン最後のグランドスラムとなる全米オープンテニス。昨年の全米オープンでは、圧倒的な強さで自身2度目の全米タイトルを手にした大坂なおみ、2014年準優勝し、ハードコートでのプレーを得意としている錦織圭の活躍に期待!

【放送予定】9/13(月)まで連日独占生中継
■詳細・放送スケジュールはこちら >>

全米オープンの関連記事

PAGE TOP
menu