マイページ

全米オープン

錦織が3回戦進出。女子ダブルスでは青山/柴原、穂積が初戦突破[全米オープン]

「全米オープン」での錦織

現地9月2日に行われた「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/8月30日~9月12日/ハードコート)大会4日目、男子シングルスで世界ランキング56位の錦織圭(日本/日清食品)が3回戦進出。女子ダブルスでは第3シード青山修子(日本/近藤乳業)/柴原瑛菜(日本/橋本総業ホールディングス)ペア、穂積絵莉(日本/日本住宅ローン)/アリシア・ロソルスカ(ポーランド)ペアが1回戦突破。一方、女子シングルスでは世界97位の土居美咲(日本/ミキハウス)が2回戦敗退となった。「全米オープン」公式ウェブサイトが伝えている。

錦織は世界61位のマッケンジー・マクドナルド(アメリカ)と対戦。開始早々にリードを許しながらもそこから盛り返して2セットを先取。しかし、第1セットに続いてタイブレークに突入した第3セットは、3つのミニブレークを喫して奪われる。第4セットも落としてフルセットに持ち込まれるが、最終セットでは先にブレークされるも即座に取り返すと、第3ゲームで訪れた2回のピンチをしのいだ後、相手のサービスゲームを破って3-1に。そのリードを守り切り、3回戦へ駒を進めた。


土居は第23シードジェシカ・ペグラ(アメリカ)に3-6、2-6のストレート負け。積極的なネットプレーを見せたこともあってセカンドサーブのポイント取得率では相手を上回ったものの、ファーストサーブの確率・ポイント取得率でともに大きく差をつけられ、ブレークチャンスすら作れなかった。


ハリケーンの影響で3日目に行われるはずが延期されていた女子ダブルス1回戦では、第3シードの青山/柴原ペアがマディソン・ブレングル(アメリカ)/クレア・リュー(アメリカ)ペアに6-2、6-3のストレート勝利。ブレークチャンスを確実にモノにする決定力の高さを発揮し、第1セットでは3回、第2セットでは1回、相手のサービスゲームを破った。


穂積/ロソルスカ組は、Julia Lohoff(ドイツ)/リジア・マロザバ(ベラルーシ)ペアを6-3、6-3で下して1回戦突破。ファーストサーブで得たポイント数は相手と同じだったが、セカンドサーブから相手の倍近いポイントを積み上げる。ウィナーは27本、アンフォーストエラーはわずか1本という安定感で、3度あったブレークポイントをすべてポイントに結びつけた。2回戦では、青山/柴原ペアと穂積/ロソルスカ組が対戦する。


そのほかには、リューメラ・キッチュノック(ウクライナ)/二宮真琴(日本/エディオン)ペアがベルギー組(グリート・ミネンアリソン・バン ウィトバンク)に3-6、4-6のストレート負け。21本のウィナーを放った一方で、アンフォーストエラーで相手の倍以上(10本:24本)を記録したことが響き、試合開始早々の1回しかブレークチャンスを作れなかった。


第4シードのアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)は世界48位のアルベルト・ラモス ビノラス(スペイン)に6-1、6-0、6-3で勝利。第1セット途中から13ゲーム連取という勢いを見せ、1時間14分で3回戦へのチケットを手にしている。ズベレフ以外にもシード選手たちが勝ち上がる中、第10シードのフベルト・フルカチュ(ポーランド)は2回戦で消えることに。女子では、第1シードのアシュリー・バーティ(オーストラリア)、第10シードのペトラ・クビトバ(チェコ)らが順当に勝利。18歳の新星エマ・ラドゥカヌ(イギリス)も2勝目を手にしている。


大会4日目、現時点での主な試合結果は以下の通り。(※[]内の数字はシード表記)


<男子シングルス>
【2回戦】
錦織圭(日本/日清食品)7-6(3) 6-3 6-7(5) 2-6 6-3 ●マッケンジー・マクドナルド(アメリカ)


アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)[4] 6-1 6-0 6-3 ●アルベルト・ラモス ビノラス(スペイン)


コランタン・ムーテ(フランス) 6-7(2) 6-4 4-6 3-6 〇マッテオ・ベレッティーニ(イタリア)[6]


フベルト・フルカチュ(ポーランド)[10] 6-2 4-6 4-6 6-7(6) 〇アンドレアス・セッピ(イタリア)


ガエル・モンフィス(フランス)[17] 7-5 4-6 6-4 6-4 ●スティーブ・ジョンソン(アメリカ)


ロレンツォ・ムゼッティ(イタリア) 6-7(1) 5-7 4-6 〇ライリー・オペルカ(アメリカ)[22]


<女子シングルス>
【2回戦】
土居美咲(日本/ミキハウス) 3-6 2-6 〇ジェシカ・ペグラ(アメリカ)


アシュリー・バーティ(オーストラリア)[1] 6-1 7-5 ●クララ・トーザン(デンマーク)


フィオナ・フェロ(フランス) 6-3 6-7(3) 0-6 〇イガ・シフィオンテク(ポーランド)[7]


ペトラ・クビトバ(チェコ)[10] 7-6(4) 6-2 ●クリスティーナ・プリスコバ(チェコ)


ベリンダ・ベンチッチ(スイス)[11] 6-3 6-1 ●マルチナ・トレビザン(イタリア)


アンナ カロリーナ・シュミドローバ(スロバキア) 2-6 -7-5 2-6 〇アナスタシア・パブリウチェンコワ(ロシア)[14]


アンジェリック・ケルバー(ドイツ)[16] 6-3 6-2 ●アンヘリーナ・カリニーナ(ウクライナ)


パウラ・バドーサ ジベルト(スペイン)[24] 4-6 4-6 〇バルバラ・グラチェワ(ロシア)


アネット・コンタベイト(エストニア)[28] 6-4 6-1 ●ジル・タイヒマン(スイス)


ジャン・シューアイ(中国)2-6 4-6 〇エマ・ラドゥカヌ(イギリス)


<女子ダブルス>
【1回戦】
マディソン・ブレングル(アメリカ)/クレア・リュー(アメリカ) 2-6 3-6 〇青山修子(日本/近藤乳業)/柴原瑛菜(日本/橋本総業ホールディングス)[3]


穂積絵莉(日本/日本住宅ローン)/アリシア・ロソルスカ(ポーランド) 6-3 6-3 ●Julia Lohoff(ドイツ)/リジア・マロザバ(ベラルーシ)


グリート・ミネン(ベルギー)/アリソン・バン ウィトバンク(ベルギー) 6-3 6-4 ●リューメラ・キッチュノック(ウクライナ)/二宮真琴(日本/エディオン)


(テニスデイリー編集部)


※写真は「全米オープン」での錦織
(Photo by Elsa/Getty Images)

錦織、大坂出場!全米オープンテニスWOWOW独占生中継!

2021シーズン最後のグランドスラムとなる全米オープンテニス。昨年の全米オープンでは、圧倒的な強さで自身2度目の全米タイトルを手にした大坂なおみ、2014年準優勝し、ハードコートでのプレーを得意としている錦織圭の活躍に期待!

【放送予定】9/13(月)まで連日独占生中継
■詳細・放送スケジュールはこちら >>

全米オープンの関連記事

PAGE TOP
menu