マイページ

全米オープン

大坂が3回戦へ。第8シードのルードは逆転負け[全米オープン]

「全米オープン」でのルード

現地9月1日の「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/8月30日~9月12日/ハードコート)大会3日目、第3シード大坂なおみ(日本/日清食品)が3回戦進出を決めた。「全米オープン」公式ウェブサイトが伝えている。

大坂は、世界ランキング145位のオルガ・ダニロビッチ(セルビア)と対戦するはずだったが、相手選手が新型コロナウイルスとは関係のない病気により数日前から体調が優れないとして棄権。3回戦へ駒を進めることになった。


なお、この日は雨がちで、屋根のないコートでは試合が一時中断する場面も。そして最終的には多くの試合が雨で延期となり翌日以降へ持ち越された。そのため、大坂以外の日本勢の試合、マクラクラン勉(日本/イカイ)参戦の男子ダブルス1回戦、青山修子(日本/近藤乳業)/柴原瑛菜(日本/橋本総業ホールディングス)ペアと二宮真琴(日本/エディオン)、土居美咲(日本/ミキハウス)出場の女子ダブルス1回戦もすべて延期となっている。


それでもおよそ半分の試合が行われ、第2シードダニール・メドベージェフ(ロシア)、第5シードのアンドレイ・ルブレフ(ロシア)、第12シードのフェリックス・オジェ アリアシム(カナダ)らが3回戦へ進出。一方、第8シードのキャスパー・ルード(ノルウェー)は世界117位のボティック・ファン デ ザンツフープ(オランダ)に第1セットを取ったものの、6-3、4-6、3-6、4-6と逆転負け。ほかにも第15シードのグリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)、第16シードのクリスチャン・ガリン(チリ)が2回戦で姿を消した。


また、若手では18歳の世界55位、カルロス・アルカラス(スペイン)が6月の「全仏オープン」に続いてグランドスラムで2度目の3回戦進出。1回戦で同国の先輩、元世界8位のジョン・イズナー(アメリカ)を下していた20歳のブランドン・ナカシマ(アメリカ)は、フルセットの末に敗れて昨年に続く2回戦敗退となった。


女子では、第2シードのアリーナ・サバレンカ(ベラルーシ)、第5シードのエリナ・スビトリーナ(ウクライナ)、第8シードのバーボラ・クレイチコバ(チェコ)らシード選手が順調に勝ち上がっている。そんな中、第21シードの17歳、ココ・ガウフ(アメリカ)は2017年大会覇者である世界66位のスローン・スティーブンス(アメリカ)にストレート負けを喫した。


大会3日目の主な試合結果は以下の通り。(※[]内の数字はシード表記)


<男子シングルス>
【2回戦】
ドミニク・コプファー(ドイツ) 4-6 1-6 2-6 〇ダニール・メドベージェフ(ロシア)[2]


アンドレイ・ルブレフ(ロシア)[5] 7-6(2) 6-7(5) 6-1 6-1 ●ペドロ・マルチネス(スペイン)


キャスパー・ルード(ノルウェー)[8] 6-3 4-6 3-6 4-6 〇ボティック・ファン デ ザンツフープ(オランダ)


Bernabe Zapata Miralles(スペイン) 6-7(5) 3-6 2-6 〇フェリックス・オジェ アリアシム(カナダ)[12]


グリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)[15] 6-7(4) 6-7(4) 0-4(RET) 〇アレクセイ・ポプリン(オーストラリア)


クリスチャン・ガリン(チリ)[16] 6-3 6-7(5) 2-6 4-6 〇ヘンリー・ラクソネン(スイス)


ロベルト・バウティスタ アグート(スペイン)[18] 6-1 6-3 6-2 ●エミル・ルースブオリ(フィンランド)


カルロス・アルカラス(スペイン) 7-6(6) 4-6 6-1 6-4 ●アルトゥール・リンデルネック(フランス)


ブランドン・ナカシマ(アメリカ) 3-6 6-3 6-1 2-6 4-6 〇Alex Molcan(スロバキア)


<女子シングルス>
【2回戦】
オルガ・ダニロビッチ(セルビア) WO 〇大坂なおみ(日本/日清食品)[3]


タマラ・ジダンセク(スロベニア) 3-6 1-6 〇アリーナ・サバレンカ(ベラルーシ)[2]


エリナ・スビトリーナ(ウクライナ)[5] 6-2 7-5 ●レベッカ・マサロバ(スペイン)


バーボラ・クレイチコバ(チェコ)[8] 6-3 6-1 ●クリスティーナ・マクヘイル(アメリカ)


アンドレア・ペトコビッチ(ドイツ) 4-6 2-6 〇ガルビネ・ムグルッサ(スペイン)[9]


クリスティーナ・クコバ(スロバキア) 3-6 1-6 〇シモナ・ハレプ(ルーマニア)[12]


エリース・メルテンス(ベルギー)[15] 6-2 6-2 ●バレンティーニ・グラマティコプーロウ(ギリシャ)


ビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)[18] 6-3 7-6(1) ●ジャスミン・パオリーニ(イタリア)


スローン・スティーブンス(アメリカ) 6-4 6-2 ●ココ・ガウフ(アメリカ)[21]


(テニスデイリー編集部)


※写真は「全米オープン」でのルード
(Photo by Al Bello/Getty Images)

錦織、大坂出場!全米オープンテニスWOWOW独占生中継!

2021シーズン最後のグランドスラムとなる全米オープンテニス。昨年の全米オープンでは、圧倒的な強さで自身2度目の全米タイトルを手にした大坂なおみ、2014年準優勝し、ハードコートでのプレーを得意としている錦織圭の活躍に期待!

【放送予定】9/13(月)まで連日独占生中継
■詳細・放送スケジュールはこちら >>

全米オープンの関連記事

PAGE TOP
menu