マイページ

全米オープン

錦織は2回戦へ。西岡と日比野が1回戦敗退[全米オープン]

「全米オープン」での西岡良仁

現地8月31日、「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/8月30日~9月12日/ハードコート)大会2日目に世界ランキング56位の錦織圭(日本/日清食品)が1回戦突破。一方、世界69位の西岡良仁(日本/ミキハウス)と世界72位の日比野菜緒(日本/ブラス)は1回戦敗退となった。「全米オープン」公式ウェブサイトが伝えている。

錦織は世界113位のサルバトーレ・カルーゾ(イタリア)と対戦。最初の2セットでは相手に1ゲームずつしか与えなかったものの、第3セット以降は互いにゲームを取り合う展開に。1セットを奪われたが、最後は錦織がギアを上げて6-1、6-1、5-7、6-3で勝利、2回戦進出を決めた。次戦では、第27シードダビド・ゴファン(ベルギー)をストレートで破った世界61位のマッケンジー・マクドナルド(アメリカ)と対戦する。


西岡は元世界8位のジャック・ソック(アメリカ)に逆転負け。第1セットでは相手のセットポイントを2回しのいでタイブレークを制したものの、以降は4回あったブレークチャンスを一度もモノにできず、7-6(5)、2-6、4-6、2-6で敗れた。


日比野は世界74位のフィオナ・フェロ(フランス)に1-6、4-6でストレート負け。ほぼすべてのスタッツで上回られ、特にアンフォーストエラーの数は相手の倍以上(9本:22本)に上った。


そのほかには、男子第4シードのアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)をはじめシード選手の多くが勝ち上がる中、「東京オリンピック」の銀メダリスト、第25シードのカレン・ハチャノフ(ロシア)と銅メダリストの第9シード、パブロ・カレーニョ ブスタ(スペイン)がそろって1回戦負け。また、アメリカの期待の若手セバスチャン・コルダが第2セット途中で棄権している。女子では、トラブルでコーチのサーシャ・バジン不在で戦うことになった第4シードのカロリーナ・プリスコバ(チェコ)や世界女王アシュリー・バーティ(オーストラリア)が危なげなく初戦突破。「ウィンブルドン」を沸かせた18歳のエマ・ラドゥカヌ(イギリス)も白星をあげている。


大会2日目、現時点での主な試合結果は以下の通り。(※[]内の数字はシード表記)


<男子シングルス>
【1回戦】
サルバトーレ・カルーゾ(イタリア) 1-6 1-6 7-5 3-6 〇錦織圭(日本/日清食品)


西岡良仁(日本/ミキハウス) 7-6(5) 2-6 4-6 2-6 〇ジャック・ソック(アメリカ)


アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)[4] 6-4 7-5 6-2 ●サム・クエリー(アメリカ)


ジェレミー・シャルディ(フランス) 6-7(5) 6-7(7) 3-6 〇マッテオ・ベレッティーニ(イタリア)[6]


フェデリコ・デルボニス(アルゼンチン) 2-6 2-6 3-6 〇デニス・シャポバロフ(カナダ)[7]


パブロ・カレーニョ ブスタ(スペイン)[9] 7-5 6-4 1-6 4-6 6-7(7) 〇マキシム・クレッシー(アメリカ)


マックス・パーセル(オーストラリア) 4-6 2-6 6-4 2-6 〇ヤニク・シナー(イタリア)[13]


ガエル・モンフィス(フランス)[17] 6-3 6-2 6-2 ●フェデリコ・コリア(アルゼンチン)


クォン・スンウ(韓国) 6-7(3) 4-6 4-6 〇ライリー・オペルカ(アメリカ)[22]


カレン・ハチャノフ(ロシア)[25] 4-6 6-1 6-4 3-6 2-6 〇ロイド・ハリス(南アフリカ)


マッケンジー・マクドナルド(アメリカ) 6-2 7-5 6-3 ●ダビド・ゴファン(ベルギー)[27]


セバスチャン・コルダ(アメリカ) 2-6 1-2(RET) 〇ニコラス・バシラシビリ(ジョージア)


<女子シングルス>
【1回戦】
フィオナ・フェロ(フランス) 6-1 6-4 ●日比野菜緒(日本/ブラス)


アシュリー・バーティ(オーストラリア)[1] 6-1 7-6(7) ●ベラ・ズボナレワ(ロシア)


カロリーナ・プリスコバ(チェコ)[4] 6-3 6-4 ●キャサリン・マクナリー(アメリカ)


ジェイミー・ローブ(アメリカ) 3-6 4-6 〇イガ・シフィオンテク(ポーランド)[7]


マルタ・コスチュク(ウクライナ) 4-6 3-6 〇マリア・サカーリ(ギリシャ)[17]


エマ・ラドゥカヌ(イギリス) 6-2 6-3 ●シュテファニー・フェーゲレ(スイス)


(テニスデイリー編集部)


※写真は「全米オープン」での西岡良仁
(Photo by Elsa/Getty Images)

錦織、大坂出場!全米オープンテニスWOWOW独占生中継!

2021シーズン最後のグランドスラムとなる全米オープンテニス。昨年の全米オープンでは、圧倒的な強さで自身2度目の全米タイトルを手にした大坂なおみ、2014年準優勝し、ハードコートでのプレーを得意としている錦織圭の活躍に期待!

【放送予定】9/13(月)まで連日独占生中継
■詳細・放送スケジュールはこちら >>

全米オープンの関連記事

PAGE TOP
menu