マイページ

全米オープン

【速報】錦織2回戦進出。次戦では世界61位マクドナルドと再戦へ

「全米オープン」での錦織圭

「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/8月30日~9月12日/ハードコート)大会2日目となる8月31日。男子シングルス1回戦で、世界ランキング56位の錦織圭(日本/日清食品)が世界113位のサルバトーレ・カルーゾ(イタリア)と対戦。錦織は6-1、6-1、5-7、6-3で勝利、2回戦進出を決めた。試合時間は2時間40分。

第3セットでは、2セットダウンで後がなくなったカルーゾが最初のサービスゲームをキープしたことからリズムを掴み、過去2セットとは変わって互いにサービスゲームをキープする展開に。錦織のゲームカウント5-6で迎えた第12ゲーム、錦織はミスもあってこの試合で初のブレークを喫し、第3セットを落としていた。


第4セット、最初のサービスゲームで2本のブレークポイントを相手に与えながらも逃れた錦織。直後のゲームで相手のダブルフォールトなどからチャンスを作り、先にリードを奪う。だが、第4ゲームで好プレーが連続して決まったカルーゾに3本のブレークポイントを許してしまい、1本はしのいだが、すぐさまイーブンに戻された。


その後も互いにブレークし合っていたが、錦織がギアを上げて第8ゲームをキープし5-3に。錦織は続く第9ゲームで2本のマッチポイントを握ると、最後は相手のショットがネットにかかり、2回戦進出を決めた。


「ウィンブルドン」でグランドスラム通算100勝に到達していた錦織は、これで101勝目を積み上げることに。


勝った錦織は、2回戦で第27シードダビド・ゴファン(ベルギー)を下した世界61位のマッケンジー・マクドナルド(アメリカ)と対戦する。錦織にとっては、8月上旬の「ATP500 ワシントン」準決勝で敗れた相手だ。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「全米オープン」での錦織圭
(Photo by Sarah Stier/Getty Images)

錦織、大坂出場!全米オープンテニスWOWOW独占生中継!

2021シーズン最後のグランドスラムとなる全米オープンテニス。昨年の全米オープンでは、圧倒的な強さで自身2度目の全米タイトルを手にした大坂なおみ、2014年準優勝し、ハードコートでのプレーを得意としている錦織圭の活躍に期待!

【放送予定】9/13(月)まで連日独占生中継
■詳細・放送スケジュールはこちら >>

全米オープンの関連記事

PAGE TOP
menu