マイページ

全米オープン

【速報】錦織が第1セット先取。世界113位カルーゾとの全米OP1回戦

「全米オープン」での錦織圭

「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/8月30日~9月12日/ハードコート)大会2日目となる8月31日。男子シングルス1回戦で、世界ランキング56位の錦織圭(日本/日清食品)が世界113位のサルバトーレ・カルーゾ(イタリア)と対戦。錦織は第1セットを6-1で取った。

両者は今回が初対戦。錦織が「全米オープン」本戦に出場するのはこれが11回目。2014年には準優勝、2017年と2018年にベスト4を記録している。


対するカルーゾにとって「全米オープン」本戦出場は、初出場だった昨年に続いてこれが2回目。前回はグランドスラム最高成績の3回戦進出だった。


コイントスに勝利した錦織がレシーブを選択したため、第1セットはカルーゾのサービスゲームからスタートすると、錦織は序盤から積極的に出てブレークに成功。


第2ゲームではアンフォーストエラーが重なり相手にブレークポイントを与えてしまうが、なんとかキープして2-0に。そして第3ゲームでもベースラインから前に出た錦織は相手の40-0から3ポイント連取して追いつくと、そのプレッシャーから最後はカルーゾがダブルフォールトを犯し、錦織がリードを広げる。第4ゲームでも一度は相手にブレークチャンスを握られたものの、錦織がサービスエースでサービスゲームをキープ。


第5ゲームは相手がキープしたが、その後も錦織の勢いは衰えない。ゲームカウント5-1で迎えた第7ゲームもブレークし、6-1で第1セットを取った。


試合は3セットを先取した方が勝利の5セットマッチ。現在第2セットに進んでいる。                          


(テニスデイリー編集部)


※写真は「全米オープン」での錦織圭
(Photo by Sarah Stier/Getty Images)

錦織、大坂出場!全米オープンテニスWOWOW独占生中継!

2021シーズン最後のグランドスラムとなる全米オープンテニス。昨年の全米オープンでは、圧倒的な強さで自身2度目の全米タイトルを手にした大坂なおみ、2014年準優勝し、ハードコートでのプレーを得意としている錦織圭の活躍に期待!

【放送予定】9/13(月)まで連日独占生中継
■詳細・放送スケジュールはこちら >>

全米オープンの関連記事

PAGE TOP
menu