マイページ

全米オープン

錦織が1回戦で対戦する世界113位カルーゾとは?[全米オープン]

「全豪オープン」でのカルーゾ

ついに開幕した「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/8月30日~9月12日/ハードコート)で、世界ランキング56位の錦織圭(日本/日清食品)が初戦に挑む。その1回戦の相手、これが初対戦となる世界113位のサルバトーレ・カルーゾ(イタリア)についてご紹介しよう。

カルーゾは錦織より3つ下の28歳。プロになって11年目だが、現在も主にチャレンジャー大会に出場しているため、ツアーレベルでの通算成績は18勝40敗。シングルスではツアー優勝も決勝に行った経験もない。フューチャーズ大会では5つ、チャレンジャー大会では2つのタイトルを獲得している。


2020年秋、パルマのチャレンジャー大会で準優勝したのに続いて、「ATP1000 パリ」で予選を突破したことからキャリアハイの世界76位につけた。しかし、今季はツアーで4勝16敗となかなか勝利を積み上げられず、トップ100圏外となっている。


グランドスラム本戦出場はこれが10回目。今年の「全仏オープン」や「ウィンブルドン」のようにその多くは1回戦敗退だが、2020年の「全米オープン」では最高成績の3回戦進出を果たした。


上位選手との相性は良くなく、トップ10選手との対戦成績は4戦全敗。これまでに勝利した最も高いランキングの選手は、2019年「ATP250 ウマグ」で対戦した当時14位のボルナ・チョリッチ(クロアチア)だ。とはいえ、現在トップ20につける若手のヤニク・シナー(イタリア)とフェリックス・オジェ アリアシム(カナダ)を2020年にともに下したことがあり、油断は大敵だろう。


カルーゾと錦織の男子シングルス1回戦は、グランドスタンドでの第1試合、本日31日深夜0時頃の開始予定だ。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「全豪オープン」でのカルーゾ
(Photo by Quinn Rooney/Getty Images)

錦織、大坂出場!全米オープンテニスWOWOW独占生中継!

2021シーズン最後のグランドスラムとなる全米オープンテニス。昨年の全米オープンでは、圧倒的な強さで自身2度目の全米タイトルを手にした大坂なおみ、2014年に準優勝し、ハードコートでのプレーを得意としている錦織圭の活躍に期待!

【放送予定】8/30(月)~9/13(月)連日独占生中継
■詳細・放送スケジュールはこちら >>

全米オープンの関連記事

PAGE TOP
menu