マイページ

全米オープン

【速報】ティームが第2セットも落とし後がなくなる。新王者を決めるズベレフとの全米OP決勝

「全米オープン」でのティーム

現地13日の「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/8月31日~9月13日/ハードコート)大会最終日。男子シングルス決勝で、第2シードドミニク・ティーム(オーストリア)が第5シードのアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)と対戦。ティームが第2セットも4-6で落とし、セットカウント0-2と後がなくなった。

第2セットもティームのサービスゲームから。第1セットを2-6で落としたティームは、このセットも第1ゲームで30-40とピンチを迎えた。しかしここはなんとかしのいでブレークを許さない。


ティームはここまでダブルフォルトが4本、ファーストサーブの成功率が43%、セカンドサーブからのポイント獲得率が33%と振るわない。


そしてティームは第3ゲームでもブレークポイントを握られると、今度はしのぎきることができずにブレークを喫し、このセットも追う立場となった。


ブレークされた直後の第4ゲームでデュースに持ち込んだティーム。ここでもブレークポイントを握ることができずにキープされると、悔しさからかラケットを何度も太ももに叩きつけていた。


思うように自分のテニスができないティームは、第5ゲームでも15-40とされる。一旦はデュースまでしのいだものの、ブレークを喫し、2ブレークダウンに。


だが第7ゲームでセットポイントを3本しのぎ切ると、続く第8ゲームでティームがこの試合初めてブレークに成功。更に第9ゲームをラブゲームでキープし、流れを変える兆しを見せる。しかし第10ゲームのズべレフの2度目のサービング・フォー・ザ・セットを破ることはできず、ティームは後がなくなった。


試合は3セットを先取した方が勝利の5セットマッチ。現在第3セットに進んでいる。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「全米オープン」でのティーム
(Photo by Al Bello/Getty Images)

大坂出場!全米オープンテニスWOWOW独占生中継!

2年ぶりの優勝を狙う大坂なおみの活躍に注目!激戦の模様をお届け!

【放送予定】 8/31(月)~9/14(月)連日独占生中継

■詳細・放送スケジュールはこちら >>

全米オープンの関連記事

PAGE TOP
menu