マイページ

全米オープン

【14日5時開始予定】世界3位ティーム VS 7位ズベレフの全米OP決勝。ついにGS新王者誕生へ

ティーム(左)とズベレフ(右)

現地13日の「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/8月31日~9月13日/ハードコート)大会最終日。男子シングルス決勝で、第2シードドミニク・ティーム(オーストリア)と第5シードのアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)が対戦する。両者の試合は日本時間14日の5時に開始予定。

両者の過去対戦成績はティームの7勝2敗。最後に対戦した今シーズン1月の「全豪オープン」準決勝では、ティームが3時間42分の熱戦を制した。


ティームは今大会準決勝で、第3シードダニール・メドベージェフ(ロシア)にストレートで勝利し、自身4度目のグランドスラム決勝進出。一方のズベレフは、準決勝で第20シードのパブロ・カレーニョ ブスタ(スペイン)から大逆転勝利を収め、自身初のグランドスラム決勝進出を果たした。


ティームは記者会見で決勝について「友人であり偉大なライバルとの素晴らしい試合になる」と話した。


「僕は戦い方を変えるつもりはないよ。サーシャ(ズベレフの愛称)が何をしてくるか理解している。オーストラリアで最後に対戦した時、僕たち2人とも本当に良かった。接戦だったんだ」「集中してこれまで通りのプレーで試合に臨むつもりだ」


一方のズベレフは「僕は、世界最高の2人が戦うグランドスラム決勝の舞台に立つ」「もちろん決勝に進出できて嬉しい。でも、もう1ステップ残っている」「決勝は面白い戦いになるに違いない。とにかく楽しみだよ」と意気込みを語った。


今大会の男子シングルスはノバク・ジョコビッチ(セルビア)のまさかの失格により、2014年「全米オープン」のマリン・チリッチ(クロアチア)以来グランドスラム22大会ぶりに新王者が誕生する。


4度目のグランドスラム決勝で悲願の初優勝を目指すティームと、自身初のグランドスラム決勝に臨むズベレフ。新王者はどちらになるのか注目が集まる。


テニスデイリーでは、サイト上で試合速報を無料で行う予定だ。


(テニスデイリー編集部)


※写真はティーム(左)とズベレフ(右)
(Getty Images)

■■■WOWOW番組情報■■■

大坂なおみ2度目の全米制覇!1回戦~決勝全7試合一挙リピート ※全て[WOWOWライブ]での放送
9/14(月)
深夜1:30 1回戦 vs土居美咲
深夜3:25 2回戦 vsカミラ・ジョルジ

9/15(火)
午前4:55 3回戦vsマルタ・コスチュク
午前7:45 4回戦vsアネット・コンタベイト
午前9:10 準々決勝vsシェルビー・ロジャーズ
午前10:35 準決勝vsジェニファー・ブレイディ
午後1:00 決勝vsビクトリア・アザレンカ

■優勝記念特番
全米2度目の制覇! 世界が称賛する大坂なおみ 絶対女王への道のり
9/21(月・祝)午後0:30 [WOWOWライブ]

※放送予定等の詳細はWOWOWテニスオフィシャルサイト、ツイッター等でもお知らせいたします。
WOWOWテニスオフィシャルサイト:https://www.wowow.co.jp/sports/tennis/
WOWOWテニスオフィシャルツイッター:@wowowtennis

全米オープンの関連記事

PAGE TOP
menu