マイページ

全米オープン

これが女王の勝負強さ!大坂なおみの四大大会での強さを示す3つの数字

「全米オープン」での大坂なおみ

「全米オープン」で2年ぶり2度目、そしてグランドスラム3度目の優勝を飾った大坂なおみ(日本/日清食品)。女子テニスは群雄割拠の時代が続いているが、大坂がまた一歩抜け出したことになる。その大坂のグランドスラムでの「勝負強さ」を示す数字が3つある。

■「全米オープン」女子シングルスで26年ぶり!1セットダウンからの逆転優勝


大坂はこの試合第1セットを1-6で落としてから、6-3、6-3と奪い取り逆転優勝。1セットダウンからの逆転優勝は、1994年のアランチャ・サンチェス ビカリオ(スペイン)以来となった。フルセットにもつれること自体、この26年間で6試合目。いかに「全米オープン」決勝での逆転勝利が難しいか分かる。


■大坂は2018年「全米オープン」から、グランドスラムのフルセット試合で12連勝


大坂は初のグランドスラム制覇となった2018年「全米オープン」から、グランドスラム7大会でフルセットになった場合、すべて勝利しこれで12連勝となった。


■グランドスラムで初の決勝進出から、決勝で3連勝は18年ぶり


大会公式Twitterによると、グランドスラムで初めて決勝へ進出してから、決勝で3連勝するのは、2002年「全豪オープン」を制したジェニファー・カプリアティ(アメリカ)以来18年ぶりとなった。


今大会でも勝負強さを見せつけた大坂。崩れそうな場面で幾度も踏ん張り、立ち上がってきた。大坂のこれからの活躍からますます目が離せない。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「全米オープン」での大坂なおみ
(Photo by Matthew Stockman/Getty Images)

大坂出場!全米オープンテニスWOWOW独占生中継!

2年ぶりの優勝を狙う大坂なおみの活躍に注目!激戦の模様をお届け!

【放送予定】 8/31(月)~9/14(月)連日独占生中継

■詳細・放送スケジュールはこちら >>

全米オープンの関連記事

PAGE TOP
menu