マイページ

全米オープン

【速報】ティームが全米OP初の決勝進出。ズべレフと新GS王者の座を争う

「全米オープン」でのティーム

現地11日の「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/8月31日~9月13日/ハードコート)大会12日目。男子シングルス準決勝で、第2シードドミニク・ティーム(オーストリア)が第3シードのダニール・メドベージェフ(ロシア)と対戦。ティームが6-2、7-6(7)、7-6(5)で勝利し、同大会初の決勝進出を果たした。

第3セットはメドベージェフのサービスゲームからスタート。2セットを連取して波に乗りたいティームだが、第2セット終了後にメディカルタイムアウトを取り、右足首の治療を行っていた。


第1ゲームでブレークポイントを握りながらも、決めることができなかったティーム。第2ゲームでは逆にピンチになると、しのぎきることができず、第2セットと同様に序盤から追う立場になった。


第5ゲームでデュースの末にブレークバックのチャンスを作ったティーム。しかしメドベージェフにドロップショットからのネット際の攻防を制され、ブレークすることができない。その後、ティームは第2セットの終盤でもあったが、足を滑らせて転倒。怪我はなかったようだが、フラストレーションが溜まったようで、大きな声を幾度もあげていた。


続く第6ゲームで30-40とされたティームだったが、なんとかしのいでキープし、リードを広げさせない。するとメドベージェフのサービング・フォー・ザ・セットでチャンスを作り、第2セット同様このタイミングでブレークバックに成功。


そして第3セットもタイブレークへ。1ポイント目でミニブレークに成功したティームがそのまま奪い取り、「全米オープン」では初、グランドスラムでは4度目の決勝進出を決めた。


勝利したティームは、決勝で第5シードアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)と対戦する。ズベレフは第20シードのパブロ・カレーニョ ブスタ(スペイン)を破っての勝ち上がり。


決勝はどちらが勝利しても、2014年「全米オープン」のマリン・チリッチ(クロアチア)以来グランドスラム22大会ぶりに新チャンピオンが誕生することになる。注目の男子シングルス決勝は現地13日、日本時間14日午前5時に開始予定。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「全米オープン」でのティーム
(Photo by Matthew Stockman/Getty Images)

大坂出場!全米オープンテニスWOWOW独占生中継!

2年ぶりの優勝を狙う大坂なおみの活躍に注目!激戦の模様をお届け!

【放送予定】 8/31(月)~9/14(月)連日独占生中継

■詳細・放送スケジュールはこちら >>

全米オープンの関連記事

PAGE TOP
menu