マイページ

全米オープン

【速報】ティームが第1セットを先取。メドベージェフとの全米OP準決勝

「全米オープン」でのティーム

現地11日の「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/8月31日~9月13日/ハードコート)大会12日目。男子シングルス準決勝で、第2シードドミニク・ティーム(オーストリア)が第3シードのダニール・メドベージェフ(ロシア)と対戦。ティームが第1セットを6-2で先取した。

ティームは失セット1、メドベージェフは失セット0と、好調な両者による今回の対決。両者の過去対戦成績はティームの2勝1敗だが、最後に対戦した2019年「ATP1000 モントリオール」ではメドベージェフがストレートで勝利している。第5シードアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)が待つ決勝に進むのはティームか、メドベージェフか。注目の一戦が始まった。


第1セットはティームのサービスゲームから。両者サービスゲームをキープして迎えた第4ゲーム。先にティームが30-40とチャンスをつかんだ。しかしメドベージェフの好サーブによってしのがれ、ブレークすることはできない。


ティームは第5ゲームをラブゲームでキープし、続く第6ゲームでもブレークポイントを握った。ここでメドベージェフのサーブに対し、ティームが好リターンを決めてブレークに成功。


ここでメドベージェフは、自身のサーブがアウトであり、そのことをチャレンジしてセカンドサーブを打とうとした。しかしティームのリターンに対してメドベージェフのラケットボールに触っており、メドベージェフのチャレンジは認められなかった。


このことに過剰に抗議したメドベージェフに対して警告が与えられ、フラストレーションが溜まってしまったようだ。


これが原因でメドベージェフはミスを連発。ゲームカウント5-2で迎えた第8ゲームでまたもティームがブレークに成功し、第1セットを先取した。


試合は3セットを先取した方が勝利の5セットマッチ。現在第2セットに進んでいる。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「全米オープン」でのティーム
(Photo by Matthew Stockman/Getty Images)

大坂出場!全米オープンテニスWOWOW独占生中継!

2年ぶりの優勝を狙う大坂なおみの活躍に注目!激戦の模様をお届け!

【放送予定】 8/31(月)~9/14(月)連日独占生中継

■詳細・放送スケジュールはこちら >>

全米オープンの関連記事

PAGE TOP
menu