マイページ

全米オープン

セレナがリターンで見せた咄嗟の判断に、相手もビックリ

「全米オープン」でのセレナ

現地9日、「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/8月31日~9月13日/ハードコート)大会10日目。女子シングルス準々決勝で、2年連続で準優勝中のセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)が、咄嗟の判断で驚異のプレーを見せた。

それはツベタナ・ピロンコバ(ブルガリア)との対戦で、第1セットを4-6で落とし、第2セットはブレーク差なしの4-3となっていた第8ゲームでのこと。


ピロンコバは、セレナの左を突くサーブを打った。するとセレナはバックハンドでは届かないと判断し、なんとラケットを利き手とは逆の左手に持ちかえて、フォアハンドリターン。浅いリターンにはなったが、ピロンコバも驚いて油断したのかミスになった。


セレナはこのポイントを活かし、このゲームを見事ブレーク。第2セットを奪うと、最終的に4-6、6-3、6-2で逆転勝利を収めた。


そのセレナは準決勝で、前哨戦で優勝した世界27位のビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)と対戦する。子どもを持つ母親同士の注目の試合は、日本時間11日午前8時からの大坂なおみ(日本/日清食品)対ジェニファー・ブレイディ(アメリカ)の試合が終わり次第、行われる予定だ。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「全米オープン」でのセレナ
(Photo by Al Bello/Getty Images)

大坂出場!全米オープンテニスWOWOW独占生中継!

2年ぶりの優勝を狙う大坂なおみの活躍に注目!激戦の模様をお届け!

【放送予定】 8/31(月)~9/14(月)連日独占生中継

■詳細・放送スケジュールはこちら >>

全米オープンの関連記事

PAGE TOP
menu