マイページ

全米オープン

大坂なおみと準々決勝で当たる可能性があったクビトバも敗退

「全米オープン」でのクビトバ

現地6日の「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/8月31日~9月13日/ハードコート)大会7日目。女子シングルス4回戦で、第6シードペトラ・クビトバ(チェコ)が、世界93位シェルビー・ロジャーズ(アメリカ)に6(5)-7、6-3、6(6)-7で敗れた。

クビトバは第3セットでマッチポイントを握る場面もあったが、チャンスをものにすることができなかった。勝利したロジャーズは現在27歳で、「全米オープン」で初めてのベスト8進出となった。


クビトバは大坂なおみ(日本/日清食品)と準々決勝で当たる可能性があった選手。2019年の「全豪オープン」決勝カードが実現なるか注目されていた。


一方の大坂は、この後日本時間7日11時頃から、第14シードの世界21位アネット・コンタベイト(エストニア)との4回戦に臨む予定。


両者の過去対戦成績は下部大会を含め、大坂の4勝0敗。前哨戦の「ウェスタン&サザン・オープン」準々決勝でも対戦し、その時は4-6、6-2、7-5と見事な粘りを見せて逆転勝利している。


また同日には、男子シングルスに第1シードで出場していたノバク・ジョコビッチ(セルビア)が危険行為により、失格になるという波乱も起きた。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「全米オープン」でのクビトバ
(Photo by Al Bello/Getty Images)

大坂出場!全米オープンテニスWOWOW独占生中継!

2年ぶりの優勝を狙う大坂なおみの活躍に注目!激戦の模様をお届け!

【放送予定】 8/31(月)~9/14(月)連日独占生中継

■詳細・放送スケジュールはこちら >>

全米オープンの関連記事

PAGE TOP
menu