マイページ

全米オープン

西岡良仁「負けても最高の内容だったと思います」。マレーとの死闘惜敗も前を向く

「全米オープン」での西岡良仁(右)とマレー(左)

「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/8月31日~9月13日/ハードコート)男子シングルス1回戦で惜しくも敗れた西岡良仁(日本/ミキハウス)。元世界1位アンディ・マレー(イギリス)に対しマッチポイントを握るまで迫った試合を「負けても最高の内容だった」と振り返った。

4時間39分にも及んだ、この試合。スコアは西岡から見て6-4、6-4、6(5)-7、6(4)-7、4-6という、正に死闘と呼ぶに相応しい戦いだった。


西岡は試合後、自身のTwitterアカウントで「正直、ここまでの試合が出来ると思っていなかったので自分でもびっくりしています」と投稿した。


ツアー再開後、今回が久しぶりの公式戦だった西岡。「勝てたら最高でしたが、負けても最高の内容だったと思います。試合勘はまだ無いですが、まずは試合出来て良かったです」と率直な今の気持ちを明かした。


そして「でもね、4時間40分は長い笑 夜中もはや早朝まで応援ありがとうございました」と日本のファンへの感謝も表している。


無観客のセンターコートで行われたこの試合。大坂なおみ(日本/日清食品)、内山靖崇(日本/積水化学工業)といった日本勢はもちろん、アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)、フェリックス・オジェ アリアシム(カナダ)、マリン・チリッチ(クロアチア)、カイル・エドマンド(イギリス)、ステファノス・チチパス(ギリシャ)、ドミニク・ティーム(オーストリア)らのトップ選手たちがその試合を見学するという注目の一戦だった。


今回は勝利まであと1本というところで残念ながら及ばなかったが、またクレーシーズンでの活躍にも期待したい。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「全米オープン」での西岡良仁(右)とマレー(左)
(Photo by Al Bello/Getty Images)

大坂出場!全米オープンテニスWOWOW独占生中継!

2年ぶりの優勝を狙う大坂なおみの活躍に注目!激戦の模様をお届け!

【放送予定】 8/31(月)~9/14(月)連日独占生中継

■詳細・放送スケジュールはこちら >>

全米オープンの関連記事

PAGE TOP
menu