マイページ

全米オープン

西岡良仁、あと1本が遠く。元世界1位マレーに4時間半超、フルセット死闘の末に敗れる

「全米オープン」での西岡良仁

現地1日の「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/8月31日~9月13日/ハードコート)大会2日目。男子シングルス1回戦で西岡良仁(日本/ミキハウス)が、世界115位アンディ・マレー(イギリス)と対戦。西岡は4時間39分の死闘の末、6-4、6-4、6(5)-7、6(4)-7、4-6で敗れた。

両者は今回が初めての対戦。自身のTwitterで、マレーとの対戦に向けて「これ以上ない復帰戦。頑張ります」と意気込んでいた西岡。先に2セットを奪ったが、その後の3セットでは12本のチャンスのうち、10本をしのがれるなど、あと1本が遠かった。


西岡は攻守を上手く切り替えるなど、自身の良さが出たプレーを展開し、第1、第2セットを連取。


第3セットも第1ゲームで西岡がブレークに成功し、先行する。しかし中盤でブレークバックを喫するとここからマレーが息を吹き返し始め、タイブレークを落とした。


マレーは第2セットではアンフォーストエラーラリーの早いタイミングで出ていたが、第3セットでは気持ちを切り替えてタイブレークを乗り切るなど、BIG4の一角らしい強さが垣間見えた。


第4セットでは、序盤からマレーの流れを断ち切ろうと粘りを見せる西岡。第2、第6ゲームとブレークポイントを握ったが、いずれもしのがれる。第12ゲームではマッチポイントを握ったが、このセットもタイブレークへもつれ込むと落とし、セットカウント2-2のイーブンに。


第5セットでも先行したのは西岡。しかし直後にブレークバックを喫すると、第10ゲームでデュースの末にマッチポイントを握られてしまう。これをしのぐことができずに敗れた。


無観客のセンターコートで行われたこの試合。大坂なおみ(日本/日清食品)、内山靖崇(日本/積水化学工業)といった日本勢はもちろん、アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)、フェリックス・オジェ アリアシム(カナダ)、マリン・チリッチ(クロアチア)、カイル・エドマンド(イギリス)、ステファノス・チチパス(ギリシャ)、ドミニク・ティーム(オーストリア)らのトップ選手たちがその試合を見学するという注目の一戦となっていた。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「全米オープン」での西岡良仁
(Photo by Al Bello/Getty Images)

大坂出場!全米オープンテニスWOWOW独占生中継!

2年ぶりの優勝を狙う大坂なおみの活躍に注目!激戦の模様をお届け!

【放送予定】 8/31(月)~9/14(月)連日独占生中継

■詳細・放送スケジュールはこちら >>

全米オープンの関連記事

PAGE TOP
menu