マイページ

全米オープン

【まるごと記者会見】シャポパロフ「平和感がある」全米OP1回戦後(後編)

写真は「全米オープン」でのシャポバロフ

「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/8月31日~男子9月13日/ハードコート)の大会初日、男子シングルス1回戦で、現在世界ランク17位のデニス・シャポバロフ(カナダ)が6-4, 4-6, 6-3, 6-2でSebastian Corda(アメリカ)を下し、1回戦突破を果たした。


勝者シャポバロフは、試合後の記者会見で以下のように話した。(後編)

Q: 過去2年間、ルイ・アームストロング会場で試合を3回戦で戦っていますが、余り満足出来る結果が残せなかったと思います。今日、同じステージでやっと大きい勝利をつかめたと思いますが、いかがですか?


「大会関係者に実際、何してもいいけど、アームストロング会場だけは勘弁してください。とお願いしていたんだよ。そうしたら、見事1回戦から設定してくれたね。笑うしかないよ。


でも、あのコートで負けてはいるけど、本当にすごい試合をしたと思うし、僕の最高のテニスも出たと思っている。だから、戻れた気持ちは実際すごくよかった。興味深いのは初めて僕がベテランの気持ちになって、ルーキーとの対戦を感じたのは今日が初めてだよ。


コートも素晴らしいし、あそこで戦えるのは光栄だよ」


Q: 今回、移動制限などがあるバブル内での経験や観客がいない大会は今までの全米オープンの雰囲気とは大きく異なる初めての事尽くしですが、いかがですか?


「間違いなく、今までとは全く異なるよね。ニューヨークは独特の空気感があるし、エネルギーも感じる街だよね。ファンも最高だしね。ここ数年、ガエル・モンフィスケビン・アンダーソンと対戦した時に会場が超満員でとにかく凄く感動したよ。


変わったとは思うけど、逆に平和感があるんだよね。自分たち用のスイートを用意してくれていてスペースも十分確保してくれているからね。この2週間は本当に平和的に過ごせているよ」


(テニスデイリー編集部)


※写真は「全米オープン」でのシャポバロフ
(Photo by Al Bello/Getty Images)

大坂出場!全米オープンテニスWOWOW独占生中継!

2年ぶりの優勝を狙う大坂なおみの活躍に注目!激戦の模様をお届け!

【放送予定】 8/31(月)~9/14(月)連日独占生中継

■詳細・放送スケジュールはこちら >>

全米オープンの関連記事

PAGE TOP
menu