マイページ

全米オープン

約1年ぶりに復帰する錦織圭。復帰直後の懸念点とは?

2019年「全米オープン」での錦織

8月31日に開幕予定の「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/8月31日~9月13日/ハードコート)。昨年右肘の手術を受けて約1年ツアーから離脱していた日本男子のエース、錦織圭(日本/日清食品)も出場予定だ。その錦織にWOWOWが独占インタビューを行った。

Q:約5ヶ月、ツアーが中断しました。改めて、中断の間どんな気持ちで過ごしてきたか、そして8月にツアーが再開することについてお気持ちを聞かせて下さい。

「大会がキャンセルになって5ヶ月が経ちました。出来るだけ自分のできることをやろうと思っています。この期間中にできることがたくさんありますし、体を一から鍛え直したり、自分のテニスを見直したりというところを心がけて、(大会が)無くなってしまったものはしょうがないので、今自分ができることに着目して日々できることをやっています」

Q: 全米は1年ぶりのグランドスラムとなりますがコロナの影響もあって、いつもと違った「全米オープン」になると思います。1つでも多く勝ち上がるために何が必要だと感じますか?

「去年の10月に手術をしてほぼ1年経ちます。最後に大会に出たのが昨年の"全米オープン"(8月後半)なので、そこから試合に出ていない期間もほぼ1年です。やはりそこが一番復帰して難しいところなので、なるべく焦らず理想のプレーを目指していきたいです」


「まだいきなり100点のテニスはできないと思うので前回の手首の(負傷の)時も、自分の100点のテニスができるまで3〜5ヶ月位はかかったので、まずは自分がテニスをできる楽しみを感じつつ、なるべく早くベストな状況に持っていきたいと思います」


「体の部分では、日々トレーニングができているので、問題ないかなと思います。ただ、いきなり試合になるので、プレッシャーがかかる舞台ですし、怪我だったり痛みは付いてくるとは思いますが、心をリラックスして臨みたいと思います」

Q:ファンにツアー再開に向けた思いをメッセージとしてお願いします!

「もう少しで"全米オープン"が始まります。自分も目標に向けてしっかり準備はできているので、僕自身も楽しみに"全米オープン"に向かいたいと思います。現地で応援するのは、しばらくは難しいかもしれませんので、ぜひテレビの前で応援よろしくお願いします。いいテニスができるように頑張ります」


ATPツアーは8月22日開幕の「ATP1000 ウェスタン&サザンオープン」(アメリカ・ニューヨーク/8月22日~8月28日/ハードコート)から再開予定で、これにも錦織は出場を予定している。久しぶりの錦織の試合に、日本のテニスファンの胸も高鳴る。


(テニスデイリー編集部)


※写真は2019年「全米オープン」での錦織
(Photo by Steven Ryan/Getty Images)

錦織、大坂出場!全米オープンテニスWOWOW独占生中継!

8/31(月)開幕!2年ぶりの優勝を狙う大坂なおみと、約1年ぶりの実戦となる錦織圭の活躍に注目!激戦の模様をお届け!

【放送予定】 8/31(月)~9/14(月)連日独占生中継

■詳細・放送スケジュールはこちら >>

全米オープンの関連記事

PAGE TOP
menu