マイページ

全米オープン

【速報】セレナ またも最多優勝タイ記録ならず。19歳アンドレスクが全米OP初優勝

「全米オープン」でのセレナ

「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/8月26日~男子9月8日・女子7日/ハードコート)大会13日目、女子シングルス決勝で、第8シードセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)が第15シードのビアンカ・アンドレスク(カナダ)と対戦。セレナが3-6、5-7で敗れ、グランドスラムシングルス最多タイとなる24度目の優勝を逃した。

第2セットはアンドレスクのサービスゲームから。第1セットを3-6で落としたセレナは、第2ゲームで0-40とこのセットも序盤からピンチを迎えると、またしてもダブルフォルトでブレークを喫し、追う展開となった。


セレナはこの時点でファーストサーブの成功率が50%を切っており、さらに第1セットから通じて3つの被ブレークはいずれも自身のダブルフォルトによるものとなっている。


追うセレナは第3ゲームでブレークポイントを握った。粘るアンドレスクにしのがれるも、4度目のブレークポイントでセレナのショットがコードボールとなり、ブレークバックに成功する。


しかし、直後の第4ゲームでセレナはまたもダブルフォルトをしてしまい、デュースにもつれ込むと、アンドレスクにブレークを許し、1ブレークダウンとされた。


追いつきたいセレナだが、続く第5ゲームでチャンスをつかむことができず、気持ちが途切れてしまっているような表情が見受けられる。


そして第6ゲームでも15-40とピンチを迎えたセレナは、ここをしのぐことができずに3つめのブレークを許す。


続く第7ゲームがアンドレスクのサービング・フォー・ザ・チャンピオンシップに。チャンピオンシップポイントを握られるも、諦めないセレナはここで1つブレークを返す。


すると第9ゲームの2度目のサービング・フォー・ザ・チャンピオンシップでも、セレナはブレークに成功。ブレークの数で追いついた。


セレナを必死に応援する観客の声に対し、アンドレスクはプレッシャーを感じているようだった。


それでもゲームカウント5-6で迎えた第12ゲームで、セレナはまたもブレークを喫し、優勝を逃した。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「全米オープン」でのセレナ
(Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

「全米オープンテニス」
2019シーズン最後のグランドスラム、全米オープンテニスをWOWOWで独占生中継!

【放送予定】2019年8月26日(月)~9月9日(月)連日独占生中継
■詳細・放送スケジュールはこちら>

全米オープンの関連記事

PAGE TOP
menu