マイページ

全米オープン

セレナがGS最多優勝タイかけ全米OP決勝に臨む。国枝、上地は順延だったシングルス初戦へ

「全米オープン」でのセレナ

現地7日の「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/8月26日~男子9月8日・女子7日/ハードコート)大会13日目、女子シングルス決勝、混合ダブルス決勝、車いす男子シングルス準々決勝・準決勝、車いす女子シングルス準々決勝・準決勝が行われる。

女子シングルス決勝。第8シードセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)が第15シードのビアンカ・アンドレスク(カナダ)と対戦する。両者は今回が2度目の顔合わせで、8月の全米前哨戦「ロジャーズ・カップ」で対戦した際はセレナが第1セット途中で背中を痛めて棄権した。


37歳のベテランであるセレナ。同大会7度目の優勝、そしてマーガレット・コート(オーストラリア)の持つグランドスラムシングルスタイトル最多記録である24個に並ぶことを狙う。対する19歳の若手アンドレスクは、自身初のグランドスラム優勝を目指す。


セレナとアンドレスクの決勝は、日本時間8日の午前5時以降に開始予定だ。


車いす男子シングルス準々決勝、第2シードの国枝慎吾(日本/ユニクロ)とアルフィー・ヒュウェット(イギリス)の試合が再開される。この試合は前日、雨天により第1セットで国枝がゲームカウント1-4となった時点で中断された。


過去対戦成績では国枝が8勝6敗と勝ち越しているが、前年2018年の「全米オープン」では決勝でヒュウェットに敗れた。国枝が前年の雪辱を果たせるか注目される。


また、車いす女子シングルス準々決勝では、前日に雨天順延となっていた第2シードの上地結衣(日本/三井住友銀行)とアニーク・ファンクォト(オランダ)の試合が行われる。両者の過去対戦成績は、上地の27勝19敗。


なお国枝と上地はどちらも、勝利すると同日に準決勝も戦うこととなる。


◇   ◇   ◇


【9月7日の注目ドロー


◆「全米オープン」


女子シングルス決勝


[15]ビアンカ・アンドレスク(カナダ)対 [8]セレナ・ウイリアムズ(アメリカ)


車いす男子シングルス準々決勝


アルフィー・ヒュウェット(イギリス)対 [2]国枝慎吾(日本/ユニクロ)


車いす女子シングルス準々決勝


アニーク・ファンクォト(オランダ)対 [2]上地結衣(日本/三井住友銀行)


(テニスデイリー編集部)


※写真は「全米オープン」でのセレナ
(Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

「全米オープンテニス」
2019シーズン最後のグランドスラム、全米オープンテニスをWOWOWで独占生中継!

【放送予定】2019年8月26日(月)~9月9日(月)連日独占生中継
■詳細・放送スケジュールはこちら>

全米オープンの関連記事

PAGE TOP
menu